草なぎ剛 主演映画が延期から公開でファンへ何度も感謝「何事もなく公開できる映画って幸せなんだなと本当に思っています」

草なぎ剛 主演映画が延期から公開でファンへ何度も感謝「何事もなく公開できる映画って幸せなんだなと本当に思っています」12

草なぎ剛の主演映画『台風家族』が9月6日より公開となる

 俳優・草なぎ剛(45)が31日、東京・新橋のスペースFS汐留で主演映画『台風家族』(監督:市井昌秀/配給:キノフィルムズ)お披露目イベントに登場。強制性交罪で本作に出演している新井浩文被告が起訴された影響で公開が延期となったが、作品が日の目を見ることになったことへ心境などを語った。

 新井被告は、今年2月に派遣型マッサージ店の女性従業員に強制性交容疑で逮捕、起訴。公開の延期が発表されたが、ファンからの声に応じ、9月6日から3週間限定での公開となる。

 草なぎは第一声から「本当に紆余曲折あって、いろいろあって延期になって、ようやく公開にたどりつくことができまして、これもみなさんお応援のおかげだと思います。これまで、普通に映画は公開するのが当たり前だと思っていたですけど、自分がこういう立場になって、何事もなく公開できる映画って幸せなんだなと本当に思っています。少しでもみなさんに何かが伝わればと思っています。いろいろなデリケートな問題はありますが、去年の夏に僕たちがかけたこの情熱は、何かみなさんの心に引っかかると思いますのでよろしくお願いします」と、延期から公開までこぎつけたことへ心情を。

 トークでは「とにかく暑かった」と何度も言って盛り上げていたが最後には「何度も言いますが、公開できることにすごく幸せを感じています。お蔵入りになることが1番悲しいことだったので。これはみなさんの応援のおかげで公開にたどりつけたので本当に感謝しています」と、あらためて支えてくれているファンへお礼のメッセージを寄せていた。

 ※イベントの模様
 ・草なぎ剛 恨み節連発するほど過酷!「1番クズ」が尊敬に変わった瞬間とは?

草なぎ剛 主演映画が延期から公開でファンへ何度も感謝「何事もなく公開できる映画って幸せなんだなと本当に思っています」4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする