渡部建 不倫報道から約6ヶ月後に囲み会見開催で終始歯を食いしばるような表情 複数の女性との関係認めたりガキ使出演へは「私の口からはお答えできない」と口つぐむ

渡部建 不倫報道から約6ヶ月後に囲み会見開催で終始歯を食いしばるような表情 複数の女性との関係認めたりガキ使出演へは「私の口からはお答えできない」と口つぐむ2

 お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建(48)が3日、都内で囲み会見を開き、終始歯を食いしばるような表情を見せながらの対応となった。

 女優・佐々木希の夫・渡部は今年6月11日発売の週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)で複数の女性との不倫が報じられた。そのなかの女性の1人は多目的トイレで情事に及んだとも報じられている。同誌発売前日には、活動を自粛することを発表し、以降レギュラー番組を降板。そして会見前日となる2日に、渡部の所属事務所の株式会社プロダクション人力舎から「本人より一連の報道についてご説明させていただく場を設けさせていただきます」と、各社へ発表していた。

 会見場には黒のスーツ姿で現れた渡部。会見冒頭には、「本日は大変お忙しい中お集まりいただき、コロナ感染対策にご協力いただき、ありがとうございます。このたび、私がしてしまった大変軽率な行動により、多くの関係者の方々に大変ご迷惑をおかけし、多くの視聴者の方に不快な思いをさせてしまったことを心より、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と、頭を下げる。

 さらに渡部は「そして騒動後にこういった謝罪会見が大変遅くなってしまったこと、報道にもありました大変、不適切な場所での不貞行為。これに関しても深く、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」と再び頭を下げた。

 記者からは報道されたことは事実だったのかとの質問へ「おおむね、報道にあった通りです」と、報道を認め、結婚前から複数の女性と関係を持っていたことも「最低な行為だったと思います」と、こちらも認めつつ、「記事にあった通り『結婚前のことにできないか』ということで、女性に電話して、卑怯なやりかたで口裏合わせの電話をしてしまった」とも語った。

 妻の佐々木希は、記事に対して、「それはもう、とにかく、当然すぐには受け入れないですし、僕がどれだけ謝罪しても当然すぐに『わかりました』ということでは当然ないんです。やはり今までの生き方が間違っていたんではないかと。これからの人生でもう信頼を回復していくんではないかと。こういう話を時間をかけてすぐにこういう結論に至ったのではなく、話し合いを重ねて、そう言ってもらえました」といいい、“そう言ってもらえた”が離婚ではなくこれからも結婚生活を継続するのかということへ、「こういうことがあって謝って、じゃあ離婚はなしねということではなくて、僕自身の行動、生き方で信頼を回復してくれと。はい、離婚しませんということではないというか」。

 なぜ、6月ではなくこの時期に会見を行ったのかへ、「文春でインタビュー受けて、収束するんじゃないかと甘く考えて会見しなくていいんじゃないかという思いがありました。文春のインタビューを受けて、収束に向かわないかというのがありました。事務所と協議して、話し合った結果、文春のインタビューが終わった時にどこかでほっとしたというのがありました」と説明し、記者から「事務所も含めてこういう考えだった?」と質問が飛ぶと、「そうですね、事務所と協議して、僕一人では決められないことなのでみんなで話し合った結果なんですけれども、文春のインタビューで終わりにしようって結論に至ったときにやっぱりほっとしているというか。報道後は、まずそこが誤りだったかなと思います」と、事務所と方針を決めたという。

 また、一部報道では、“ガキ使”こと『ガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の年末特番『絶対に笑ってはいけない』シリーズ最新作にも参加しているのではと報じられもした。記者からは渡部側が文春のインタビューで終わりにしようと結論があったことを踏まえて「それがあったので年末の特番も仕事をしていいんだという判断だった?」との声も飛んだが、「大変申し訳ないんですけれども、これだけお騒がせしていてあれなんですけれども、番組に関してのことは私の口からはお答えできない」と、口をつぐむ。

 さらに、記者は「それがあって今回の会見なので、順番が逆なんじゃないかという声もあるが」と、世間の声も絡めて質問をすると、「もちろん本当に大きな矛盾があるのはわかっております。まずは騒動が6月までだったものですから、年内いっぱい自粛をして、そして、記者会見という形で復帰をできないかと思っていました。半年という期間も、誠になんの根拠もないといいますか、勝手にこちらが、なんとなく年内だったらいいんじゃないかと。これも誤りだったんですけれども……という経緯です。昨今の報道を受けてこれだけ世間様の声を頂戴して、これはまずはおかしなことなんですが、まずは1日も早く記者会見をすべきなんじゃないかということできょうに至りました」。

渡部建 不倫報道から約6ヶ月後に囲み会見開催で終始歯を食いしばるような表情 複数の女性との関係認めたりガキ使出演へは「私の口からはお答えできない」と口つぐむ1

渡部建 不倫報道から約6ヶ月後に囲み会見開催で終始歯を食いしばるような表情 複数の女性との関係認めたりガキ使出演へは「私の口からはお答えできない」と口つぐむ4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする