【平昌五輪】スキージャンプ 男子ノーマルヒル個人・決勝!伊東大貴選手20位「本数重ねるごとに、少しずつ状態も上がっている」

【平昌五輪】スキージャンプ 男子ノーマルヒル個人・決勝!伊東大貴選手20位「本数重ねるごとに、少しずつ状態も上がっている」1

 平昌オリンピックは10日、スキージャンプ 男子ノーマルヒル個人・決勝が行われ、8度目のオリンピック出場となる“レジェンド”葛西紀明選手(45=土屋ホーム)、小林潤志郎選手(26=雪印メグミルク)、小林陵侑選手(21=土屋ホーム)の兄弟、伊東大貴選手(32=雪印メグミルク)が、出場した。

 戦前から、「風の強いジャンプ台」と言われていた本領が発揮された決勝となった。向かい風、追い風、いずれも強風で、飛距離に差が出すぎるため、著しく平等性に欠けるということから、何度も競技が「待ち」状態となり、最長で10分以上強風が吹くジャンプ台の上で待たされる選手が出るほど。

 通常、W杯では2時間ぐらいで終わるように運営されているそうだが、9時30分ころにスタートして、競技が終わったのが深夜0時22分という時間。1回目で50人が飛び、1本目のジャンプで30位以内に入った選手が2本目のジャンプに進めるため、合計80人が飛んで、60分遅れたということは、約40秒間隔で飛んだ計算になる。

 ■1回目
 19番目に登場の伊東大貴選手
 103.0m 得点110.3

 伊東選手は、「(すばらしいジャンプでしたが?)条件にも助けられましたし、ここに入って一番いいジャンプが出てよかったです。
 (試技は94m。どんな思いで臨まれたんですか?)試技のときは修正点を何店か試してみたんですけど、本番一方目は、追加したことをコーチと話し合って、改善点を意識して滑ったらいいジャンプが出たので、次も同じジャンプ出来るように集中します。
 (風の状況どうでした?)けっこう強くって、条件変わっていると思うんですけど、そんな中でも安定したジャンプすれば、いまみたいなジャンプが出ると思うので、集中したいと思います。(2回目の意気込みを)もう一本K点声のジャンプを揃えて、今できることを出し切りたいと思います」

 ■2回目
 102.0m 得点104.4 合計得点214.7 20位

 伊東選手は、「(2回めもK点超えました。いかがでしたか?)今出せるパフォーマンスは出せたと思うんですけど、やっぱり本来ならもっと上を目指していたので、ちょっと悔しいですね。
 (今シーズン、ケガなどのアクシデントがあった中で、ここにきて掴んだ手応え、見えてきたものありますか?)ケガしてしまったことはしょうがないので、いま出来ることをやるしかないんですけど、本数重ねるごとに、少しずつ状態も上がっていると思うので、ラージヒルに向けて切り替えていきたいと思います。
 (あらためて、次の戦いへの意気込みをお願いします)気持を新たにして、体の準備をしっかりして、臨みたいと思います」

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする