稲村亜美“おうち時間”に家トレしドレスもより映える4キロシェイプアップ!自転車にも乗るようになり「往復20キロ走っても大丈夫」とも

稲村亜美“おうち時間”は家トレでドレスも映える4キロシェイプアップ!自転車にも乗るようになり「往復20キロ走っても大丈夫」とも3

『自転車活用推進功績者表彰式』が開催!

 タレント・稲村亜美(24)が17日、東京・霞が関の国土交通省内で『自転車活用推進功績者表彰式』に登場した。

 『自転車活用推進功績者表彰』とは、自転車の活用の推進に関して顕著な功績があると認められる個人又は団体を表彰するもの。今回は個人から山田拓氏、団体からは宇都宮ブリッツェン、特定非営利活動法人 SPORTS PRODUCE 熊野、株式会社ふたごじてんしゃ、特定非営利活動法人タンデム自転車NONちゃん倶楽部の4団体が表彰されることとなった。

 稲村は2018年度より自転車アンバサダーを務め今年度も務めていることからゲストに。この日はグッと大人っぽく体のラインも映えるドレス姿で出席。「こういった状況ではありますがこの場に立ち会え光栄に思っています。さらに発信していけるようにと思っています」と、抱負とともにあいさつ。

 続けて、自転車活用推進本部長を務める赤羽一嘉国土交通大臣から受賞者へ表彰状が手渡されたが、この補助を稲村が務め、受賞者たちをにこやかに祝福していた。

 終了後には報道陣の取材に応じ、自転車にまつわる思い出について質問。すると稲村は新型コロナウイルスの影響から、「最近ですと思い出というより、電車に乗るのが少し怖いなと思う自分がいたので通勤は自転車にしていて、片道10キロの移動も苦ではなくなりました。往復20キロ走っても大丈夫なように体が馴染んできました」という。

 “おうち時間”での過ごし方へは、「このコロナ自粛をきっかけに、体を絞ろうと思いまして、家トレして、マイナス4キロ達成しました!去年よりほっそりしているかなという印象になっていると思います」と、ニッコリと笑みを見せていた。

稲村亜美“おうち時間”は家トレでドレスも映える4キロシェイプアップ!自転車にも乗るようになり「往復20キロ走っても大丈夫」とも4

稲村亜美“おうち時間”は家トレでドレスも映える4キロシェイプアップ!自転車にも乗るようになり「往復20キロ走っても大丈夫」とも1

稲村亜美“おうち時間”は家トレでドレスも映える4キロシェイプアップ!自転車にも乗るようになり「往復20キロ走っても大丈夫」とも2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする