田中樹 初始球式はばっちりストライクで点数は「80~90点くらい!」!ジェシーは「僕もなんかあったときのためにスタンバイしてた(笑)」【コメントロングめ】

田中樹 初始球式はばっちりストライクで点数は「80~90点くらい!」!ジェシーは「僕もなんかあったときのためにスタンバイしてた(笑)」【コメントロングめ】2

 アイドルグループ『SixTONES』のジェシー(24)と田中樹(25)が21日、東京・明治神宮球場で東京ヤクルトスワローズ VS 横浜DeNAベイスターズ内の始球式となる『えらべる栄養、1日分。ジョアナイター』に登場した。

 本イベントは『SixTONES』が出演している『ヤクルト ジョア』新CMのオンエアを記念してのもの。

 試合開始の約30分前。スタジアムDJ・パトリック氏が普段と変わらずオープニングトークを始めたが、いつもいるはずのつばみちゃんの姿がない。あたりを見回し「つばみちゃーん」と叫ぶパトリック氏。その直後、球場モニターに、つばみちゃんが手を振る。しかも、その隣に「ジョア」のロゴが入った、ヤクルトの特製ユニホームと青と赤のジョアカラーのパンツ姿のジェシー&田中がいるというサプライズとなり、場内の観客も2人が映ったモニターを指さしながら盛り上がった。

 ここで田中へは、この日の始球式を務めることも発表され「始球式で投球するのは夢だったので、ストライクを取りたい!そして楽しみたい!」と、初始球式体験に意気込んだ。

 そんな田中は、ジョアカラーのグローブを着用しマウンドへ。ジェシーもグラウンドに立ち田中へ「1日分の樹パワーを発揮してジョア(ド)ストライクを取ってくれると思います!ファイト!」と、エールを送る。田中は緊張している様子も見られたが、ジェシーからのエールも効いてか、投じた一球は見事ストライクゾーンに構えたキャッチャーミットに!この堂々たる投球に会場からも大きな拍手が送られ、田中もホッとした表情を見せ、笑顔でマウンドを後にした。

 その後、感想などを寄せることに。田中は今回の話が来たときのことへ、「最初は『うわ!投げられるんだ』と楽しみでしかなくて、練習でも意外と投げられるかも?と思っていたけど、マウンドに立った瞬間に一気に緊張しました。プロの方がこの環境でベストを尽くして投げていることに凄さを感じました」と、感激といった様子。

 本日の衣装へ、田中は「ジョアカラーで決めてみました。ジェシーがはいているのがプレーンのジョア、僕が履いているのはストロベリー、イチゴ味のカラーのパンツと靴。ユニフォームも名前をいれていただいて、背番号もジョアのロゴが入っていて、ジョアを背負って投げました!」と、解説することに。

 実際にマウンドで始球式を行ってみて「めっちゃ緊張しました。僕、小・中学校と少年野球をやっていたので、少年野球をやっている人としてはマウンドの上で投げることは夢のような体験ができて無茶苦茶楽しかったです。構えたとき、グローブの中でどうやって持つんだっけと思うほど緊張しました。打者の人にぶつかったらどうしようとかドキドキしましたが、思い切ってなげようと息を吐いて深呼吸をして投げました」と、投げる瞬間のことをレポート。

 そこで、投球の点数をつけてもらうと、「キューンと伸びていきましたね!点数は80~90点くらい!まだもっと伸びのあるストレートが投げられるかな。でもイメージ通りに投げられたと思います」と、余白を残す。ちなみに、ジェシーからは、「完璧でしたね。僕もみてて緊張して、(手に持っていた)マイクをオンオフしてましたよ」と、軽くひとボケ入れつつ、「たぶん、樹より僕の方が緊張したんじゃないかと。でも、ほんとに素晴らしかったですね」と、讃えていた。

 さらに田中とジェシーが掛け合いを始め、田中は「ジェシー投げないのに、オールバックでかちっときめてたよね?」とイジれば、ジェシーは「一応、僕もなんかあったときのためにスタンバイしてたんだよね、代打として!(笑)」と、楽しげ。

 さらには、ジェシーも投げたいと思ったか尋ねてみると「思いましたよ!サイドスローで(笑)」といえば、田中が「ジェシー、サイドスロー?!ジェシーがその髪型で思いっきりサイドスローを始球式で投げたら球場もわくかね(笑)」とも。

 なお、球場内ではCMが大ビジョンで放映もされた。このことにジェシーは、「夢のようでしたよね!撮影も楽しかったんですよ。普段もテレビでみることもあって、流れると1回ずつ動きを止めて、自分でもついCMをみちゃってます」といい、田中は「誰でも知っているジョアのCMに出て、テレビで流れたり、球場のビジョンで流れたりして、すごいばく大な(長い)時間をかけられたドッキリなんじゃないかって思ってます(笑)」と、夢見心地のようだとも。

 ちなみにCMの見どころへは、ジェシーから「第1弾のCMより第2弾(今回のCM)の方がみんなも体験しているような出来事の中でジョアを楽しめるコンセプトでなっています」といい、田中は「1日分の各栄養素をジョアでとれることを、1日の生活の中で時間のかかることと比べて表現するCMだったんですが、ジョアで流れている1日のシチュエーションは誰でも経験することなので、ぜひCMをみていただいて商品を手に取ってもらえたらと思います!」と、アピールしていた。

 そして最後に、次回始球式に出るなら?との問いかけがあり、ジェシーは「僕もぜひ投げてみたいです!何も考えずに、父親とキャッチボールをしている時の感覚で投げて、ドストライクを狙いたいです。樹のスピードを上回る速さに調整してなげます(笑)。3段階くらい調整できるかな」と、威勢よく話せば、田中は「まだ、(いい球を)投げられると思います。弟も現役で野球をやっているので3ヶ月くらい合宿に行こうかなと思います(笑)。もっと良い球を投げて、もっと多くのお客様にも見ていただける状況になったら、ぜひ見て頂いて、ジャニーズの『SixTONES』にこんな凄い球が投げられる奴がいるんだっ驚いていただきたいです!」と、さらに磨きをかけてくるよう。

 するとジェシーがこの田中コメントを受けて「『おっ球(たま)げ~』でよろしいでしょうか!」と振ると、田中は「え、これで締め?」と、2人で笑い合っていた。

 ※追記に伴い初稿タイトル「ジェシー&田中樹 ヤクルトVSベイスターズ始球式に「ヤクルト ジョア」新CMオンエア記念で登場」から変更しました。

 ※SixTONES過去関連記事
 ・Kis-My-Ft2×SixTONESパーソナリティの「第46回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」募金総額発表……コラボ歌唱など“キススト”反響
 ・田中樹SixTONES全員シャツ姿で雪降るなか「『わーっ!』って走った」思い出!Snow Man岩本照「ずーっと支えてくださっているのはファンのみなさま」と感謝も【ananAWARD授賞式後の会見ほぼ全文】
 ・SixTONESハロウィン限定のゾンビメイク披露!ジェシー「部屋の電気を消して撮影しよう」と提案も田中樹にのけぞって驚く姿も【インタ部分全文やコーデポイント掲載】
 ・SixTONES「ジョア」CMに起用!難易度高いダンスに撮影風景は「わ~!」「やばい!」「新しい自分たちに出会えた気がする!」などの声も
 ・SixTONES・ジェシー「ドルチェ&ガッバーナ ビューティ」ムービーに登場!7月27日より雑誌「Safari」でもビジュアル展開へ

田中樹 初始球式はばっちりストライクで点数は「80~90点くらい!」!ジェシーは「僕もなんかあったときのためにスタンバイしてた(笑)」【コメントロングめ】1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする