生見愛瑠「THE BEAUTY WEEK AWARD」受賞

生見愛瑠「THE BEAUTY WEEK AWARD」受賞3

 タレントでモデル・生見愛瑠(20)、基スピードスケート選手の高木菜那氏(30)らが30日、都内で『THE BEAUTY WEEK AWARD 2022』授賞式に登壇した。

 2004年よりスタートした本イベントは『その年に輝く女性』の中でも特にスタイリッシュで美しいヘアスタイルの方を選出し、『THE BEST OF BEAUTY(ザ ベストオブ ビューティ)』として表彰するというもの。これまでにも、剛力彩芽、河北麻友子、安達祐実、橋本環奈ら数々の著名人らが表彰されている。

 生見は髪本来の美しさやツヤ感、さらに「全国の美容師が選ぶ、髪が綺麗な女性人気タレント No.1」に選ばれたことから本イベントの文化・芸能部門を受賞となった。表彰を受けた生見は「ヘアケアは自分では1番こだわっている部分なので、こういった賞を頂けて嬉しいです」と、弾けるような笑みを見せる。

 前日から準備もしっかりしていたという生見は、「きょうはトレードマークであるストレートヘアで来ました。授賞式のために昨日から準備して、ツヤツヤできました」と、本賞にかける気持ちを語っていた。

 一方、高木氏は冬季オリンピックで日本に勇気と感動を与え、プライベートでは常に美も追求していることからアスリート部門での受賞。「このような素晴らしい賞を頂けて嬉しく大持っています。私たちはレースウエアを着ると髪はあまり見えませんが、髪の毛で気分をあげたりしています。髪は女性にとっても男性にとっても自分表す1つだなと思っています」とスピーチ。なお、スピードスケートからは、チームパシュートの平昌オリンピック金メダリスト菊池彩花氏と菊池純礼選手も受賞となったがこの日はVTRで受賞の喜びを伝えた。

生見愛瑠「THE BEAUTY WEEK AWARD」受賞2

髪ツヤにはこだわっているという生見

 その後、生見と高木選手によるトークセッションも開催。美しい髪をキープするポイントとして、生見は「どれだけ帰りが遅くて疲れていても、ちゃんとヘアケアをしてドライヤーをかけるとか、こういうことを毎日コツコツ続けています」と、日々の積み重ねなのだそうだ。

 高木氏のこだわりとしては、「平昌オリンピック前から、オン眉が好きなんです。あとは海外に行くことが多いのですが、海外は硬水のところが多いため、髪の毛がキシキシしやすくて、国によって髪の質が変わることがるんです。そのときにサラサラであってほしいという気持ちで、シャンプーだったりトリートメントを持っていってます」とも語っていた。

 さらに、今後してみたい髪型について質問が。生見は「ずっとぱっつん前髪なので、かきあげヘアをできるように伸ばしてみたいと思います」と願望を語ったり、髪型を決めるときのことへ、「美容師さんと相談しながらです。この人というのはありませんが、SNSで髪色とか調べて、この髪型をというのでやってもらっています」と、明かすこともあった。

 そして、スタイリストを目指す若い方へ向けて、高木氏からは、「切り終わった後に笑顔になれるような美容師さんに」と願いを込めると、生見は、「私自身、美容室が大好きで、仕事終わりに予約が入っていると楽しい気持ちになれるんです。幸せな気持ちになれる職業だと思うので頑張ってください」と、メッセージを寄せていた。

 ※生見愛瑠過去記事
 ・岩本照「モエカレ」生見愛瑠ら優しくフォローや「誰だよ」苦笑い
 ・岩本照 主演映画「モエカレはオレンジ色」クランクアップに消防士へ「素晴らしい職業」!生見愛瑠も「演じていてもすごく素敵な作品」【コメント全文】
 ・生見愛瑠 杉咲花&ミキが初写真集帯担当で「素敵で感動しました!」二十歳を過ぎてホロ苦デビューしたものとは?

生見愛瑠「THE BEAUTY WEEK AWARD」受賞1

生見愛瑠「THE BEAUTY WEEK AWARD」受賞4