満島ひかり×佐藤健 First Love 初恋山手線ジャック

満島ひかり×佐藤健 First Love 初恋山手線ジャック1

キーアート

 女優・満島ひかり、俳優・佐藤健がW主演し今年11月24日より配信となるNetflixオリジナルシリーズとなるドラマ『First Love 初恋』。本作の本予告編とキーアートが15日、解禁となった。

 本作は歌手・宇多田ヒカルが1999年にリリースした名曲『First Love』と、その19年後に発表された『初恋』をインスパイアし、新しいストーリーを紡ぎ出すという作品。90年代後半と、ゼロ年代、そして現在の3つの時代が交錯し、 20年余りに渡る忘れられない“初恋”の記憶をたどる一組の男女の物語を描き出す。満島が演じるのは、CAを目指すも不慮の事故で運命に翻弄される野口也英。佐藤は、航空自衛隊のパイロットになるも、現在は別の道を進む並木晴道を演じる。

 映像は「誰かが言った。人生はまるでジグソーパズルだと」という、也英(満島ひかり)のセリフから。若き日の也英(八木莉可子)と晴道(木戸大聖)が織りなす“初恋”のはじまりの物語とともに、本作のW主演でもある、満島ひかり演じる也英と佐藤健演じる晴道の現在のふたりを映し出している。 約20年が過ぎ再会した也英と晴道だったが、「初めまして」という一言が也英の口から発せられ、晴道のほおを静かに涙が伝う――。そこに、宇多田ヒカルの『初恋』、そして『First Love』が鳴り響くなか、運命の因果に翻弄されながら、もがき生きていく也英と晴道の姿が“初恋”の記憶を辿るように描かれ、「もしもあなたに出逢わずにいたら、私はどんな今を生きているのだろう」という言葉で映像は幕を閉じる。はたして、也英の言葉の意味することは――。

 一方、キーアートは、第1弾、第2弾に続く美しい世界観の中で、也英と晴道ふたりの距離はさらに近づいたものとなっている。

 また、今回の発表にあわせ11月16日から、JR山手線をフルラッピングでジャックする『First Love 初恋』トレインがスタートすることもアナウンス。

 車内では、也英と晴道のさまざまな表情・シーンを切り取ったビジュアルが埋め尽くし、映像モニターではこれまでに発表された本作の予告映像の放映、また先月末に行った「全国初恋調査」の集計結果などが掲載され、車両全体が作品の世界観一色に染めらるものとなっている。

 本作特別仕様のJR山手線は11月16日から11月30日までの約2週間運行を予定している。

 ■本予告映像
 https://youtu.be/6AJcr-GHVuY

 ※佐藤健過去記事
 ・佐藤健 ハーゲンダッツWebムービーで謎解き挑戦!生配信予定
 ・佐藤健 平手友梨奈 ハーゲンダッツ新TVCMで初同じ作品登場
 ・佐藤健「Cobody Slim+」コミュニケーションディレクター就任!「責任が重大すぎる。なぜ、謎のいち俳優にオファーを?」と戸惑うドキュメンタリー動画も【佐藤コメント全文】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする