松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」どうしょもない家族と反撃

松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」どうしょもない家族と反撃1

ティザービジュアル

 俳優・松岡茉優と窪田正孝がW主演し10月27日に公開を予定している映画『愛にイナズマ』(監督・脚本:石井裕也/配給:東京テアトル)。本作のティザービジュアル、特報、場面写真が26日、解禁となった。

 騙されて大切な夢を奪われた花子(松岡茉優)と正夫(窪田正孝)が運命的な出会いを果たし、どうしようもない家族の力を借りて、嘘と誤魔化しに満ちた社会に反撃を仕掛ける痛快エンタメ。誰もが本音を隠した鬱屈とした社会の中で不器用でも精いっぱい生きる人々を、愛と希望とユーモアをちりばめながら描き出す。

 ティザービジュアルは「この出会い、一億ボルト」というインパクト大のキャッチコピーとともに、松岡演じる花子と窪田演じる正夫の、嵐の夜の運命的な出会いが捉えたもの。雷光の一瞬のきらめきに照らされ浮かび上がるのは、衝撃を受けたような2人の横顔。恋人であり、共に闘うバディでもある2人の、ロマンスの始まりと、降りかかる理不尽な運命に立ち向かう力強さを感じさせる仕上がり。

 一方、場面写真は、新たに大雨の中向き合う花子と正夫の様子や、赤い服を身にまとった”どうしようもない家族”、池松壮亮演じる長男・誠一と若葉竜也演じる次男・雄二がにらみ合う様子など、俳優陣の熱量のこもった演技が垣間見えるもの。

 さらに、特報では、念願だった夢の実現を間近に幸せそうな花子と、そんな彼女に想いを寄せ、背中を押す正夫の優しい眼差しが映し出される冒頭から一転……。卑劣な大人たちによって花子の夢はあっけなく奪われてしまう。雷が鳴り響く大雨の夜、やり場のない悔しさと憤りを、本音でぶつけ合う2人。 「クソ意味不明に舐められるのは許せない!」「じゃあ俺もです!」起死回生を図った2人は、10年以上音信不通だった”どうしようもない家族”の元を訪れる。そこには「おまえも少しはアクセルをビュンしてみろよ」と独特なワードセンスでマウントを取る長男・誠一(池松壮亮)、そんな長男に向かって「ほんっとヤダ!」と憤慨する次男・雄二(若葉竜也)、そんな子供たちを前に「どうすりゃいいんだろうな…」と狼狽えるしかないダメ親父・治(佐藤浩市)の姿があり……。

 今回の特報で、花子を振り回す無責任な映画プロデューサー役にMEGUMI、後輩の挑戦を「若いっすね」と取り合わず偏った価値観を押しつけてくる嫌味な年上の助監督役に三浦貴大がキャスティングされていることも明かされることに。

 また、特報内ではエレファントカシマシの1999年の名曲『ココロのままに』が使用されており、同楽曲が主題歌となっていることもアナウンス。「嘘ばっかついてんじゃねえ!」と、痛快な反撃の狼煙(のろし)を上げる花子をパワフルに後押しする楽曲は、「どうしてもこの曲を起用したかった。花子にはこの曲を鳴らしてあげたかった」という石井監督の想いを表現したものとなっている。

 ■ストーリー
 大切な夢を奪われた花子と正夫―。どうしようもない家族の力を借りて、二人の反撃が始まる!
 26歳の折村花子(松岡茉優)は気合いに満ちていた。幼い頃からの夢だった映画監督デビューが目前に控えていたからだ。
 花子の若い感性をあからさまに馬鹿にし、業界の常識を押しつけてくる年上の助監督には困りものだが、空気は全く読めないがやたら魅力的な舘正夫(窪田正孝)と運命的な出会いを果たし、ようやく人生が輝き出した矢先……。卑劣で無責任なプロデューサーに騙され、花子は全てを失ってしまう。ギャラも貰えず、大切な企画も奪われた。失意のどん底に突き落とされた花子を励ます正夫に、静かに怒りを滾らせて誓うのだった。「泣き寝入りなんて絶対にしない。私は諦めずに闘う!」

 そんな花子が頼ったのは、10年以上音信不通だった“どうしようもない父(佐藤浩市)と兄たち(池松壮亮・若葉竜也)”だった。正夫と家族を巻き込んだ花子の思いもよらない反撃が始まる!

 ※記事内画像は(c)2023「愛にイナズマ」製作委員会

松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」どうしょもない家族と反撃3

松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」どうしょもない家族と反撃4

松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」どうしょもない家族と反撃5

松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」どうしょもない家族と反撃6

松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」どうしょもない家族と反撃7