嵐・二宮和也シャンパンコルクをキャッチ!「タング」新劇中映像

二宮和也シャンパンコルクをキャッチ!「タング」新劇中映像1

 アイドルグループ『嵐』の二宮和也が主演し全国公開中の映画『TANG タング』(監督:三木孝浩/配給:ワーナー・ブラザース映画)。本作の新たな劇中映像が30日、解禁となった。

 イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が原作。二宮やゲーム三昧で妻・絵美(満島ひかり)に捨てられた、ダメ男・春日井 健(かすがい・けん)役を演じる。わけあって無職で人生に迷子中。ある日、健の家の庭に突然現れたのは、記憶を無くした不良品ロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を“タング“と名乗った。この迷子同士の運命の出会いが、まさかの驚きにみちたポンコツコンビの壮大な冒険の幕開けだった……という物語となっている。

 公開された映像は、健と絵美が初めて出会ったシーン。姉の桜子に呼ばれ、健がやってきたのは、絵美が弁護士事務所に入社したお祝いのパーティー。絵美が開けたシャンパンのコルクをふいにキャッチした健は、実力不足に不安を感じている絵美に「この先、何か辛いことがあっても『きっと、大丈夫』と今日を思い出して……」とそのコルクを絵美へ手渡す。本作の大きなキーワードでもある「きっと、大丈夫」という健の言葉は、観客の背中をもそっと優しく押してくれるシーンとなっている。

 ■『TANG タング』新本編映像(“きっと、大丈夫”)Youtube リンク
 https://youtu.be/CnAtc704oS8

 ※「TANG タング」過去関連記事
 ・二宮和也 満島ひかりを“拝む”!映画タングイベで崩れ落ちる
 ・二宮和也 満島ひかり褒め倒し最後に「ないのは渋さだけ」に苦笑
 ・二宮和也 満島ひかり褒め倒し最後に「ないのは渋さだけ」に苦笑
 ・二宮和也 映画タング発言へ込めた「不安」な方々へ意識滔々説明

 ※記事内画像は(C)2015 DI (c)2022映画「TANG」製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする