菊池風磨“やっかい系”!「もっと超越した所へ。」ポスター解禁

菊池風磨“やっかい系”!「もっと超越した所へ。」ポスター解禁2

真知子&怜人

 俳優・前田敦子が主演し、共演に“セクゾ”ことアイドルグループ『Sexy Zone』の菊池風磨らを迎え10月14日に公開予定の映画『もっと超越した所へ。』(監督:山岸聖太/配給:ハピネットファントム・スタジオ)。本作のセリフ付きキャラクターポスター4組8枚が31日、解禁となった。

 本作は劇作家・根本宗子氏の原作・脚本の作品。クズ男を引き寄せてしまう4人の女性たちが、めんどくさい感情とキレッキレの本音をさらけ出しながら、エネルギッシュに生きるさまを痛快に描きあげている。前田は、ダメ恋愛体質の主人公、メンヘラと勘違いされがちな衣装デザイナー・真知子役を演じる。菊池は、甘え上手で束縛好き、弱さをみせるクズ男・怜人役を演じる。バンドマン志望でヒモ体質の“ストリーマー”という役どころとなっている。

 以下、ポスター説明。

 ■その1:真知子と怜人の場合
 <メンヘラと言われがちなデザイナー 可愛い男の子にとにかく目がない> 真知子(前田敦子)
 「え、ご飯も食べていく・・?」

 <やっかい系ヒモストリーマー ホントはバンドマン志望だが根性なし> 怜人(菊池風魔)
 「真知子ちゃんの家、行ってもいいんだよね?」(怜人)

 10数年ぶりの再会にもかかわらず、愛くるしい笑顔と愛嬌で、そのまま真知子の部屋に転がり込む怜人。甘え上手な可愛さを見せながらも、強く束縛する怜人に、<恋愛間違いがち>真知子の抜け出せない<沼恋>がはじまる――。

菊池風磨“やっかい系”!「もっと超越した所へ。」ポスター解禁3

美和&泰造

 ■その2:美和と泰造の場合
 <見た目も心も彼氏に染まるギャル 彼氏の意見が絶対> 美和(伊藤万理華)
 「美和もオリジナルでいるー」

 <根拠のない自信家フリーター ノリと勢いだけで生きている> 泰造(オカモトレイジ)
 「俺は俺のオリジナルで生きてんだから。人と同じとかダサ過ぎだからね?」

 いつでもハイテンションで自信家のフリーター泰造とアパートで同棲するショップ店員・美和。自分の悩みをはぐらかされても、彼氏の言うことは絶対!?

菊池風磨“やっかい系”!「もっと超越した所へ。」ポスター解禁1

七瀬&慎太郎

 ■その3:七瀬と慎太郎の場合
 <シングルマザー風俗嬢 気合と根性で何事も乗り切る> 七瀬(黒川芽以)
 「えーやばい、嫌いになる?チェンジする?」

 <落ちぶれた元子役俳優>プライドの高さだけは一人前:慎太郎(三浦貴大)
 「いやほんと、映画の浅い知識とかで喋ると俺みたいなプロにはばれるよ?」

 お気に入りの風俗嬢・七瀬の店に通い続ける常連客の落ちぶれた元子役俳優・慎太郎。映画や芸能界への知識が浅い七瀬を小バカにしつつ、承認欲求と優越感に浸る。

菊池風磨“やっかい系”!「もっと超越した所へ。」ポスター解禁4

鈴&富

 ■その4:鈴と富の場合
 <今でも芸能界で生き続ける元子役タレント 「あの人は今?」的なポジション 我慢強い> 鈴(趣里)
 「ねえ、わたしお昼ご飯の支度したいんだけど」

 <あざと可愛いボンボン 一見優しいが、大事なのはいつでも自分> 富(千葉雄大)
 「で、向こうから行って来たの、『顔がタイプだから会いたい』って」

 父親の会社で働く“お坊ちゃん”の富(とみー)と都内の高級マンションで暮らすしっかりものの元子役タレント・鈴。
 友達以上恋人未満の関係で楽しく暮らす2人だが、、。

 映画『もっと超越した所へ。』は10月14日よりTOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー予定!

 ■STORY
 クズ男に沼る4人の女性――
 家に転がり込んできたストリーマーの怜人をつい養ってしまう衣装デザイナー・真知子。意味不明なノリで生きるフリーター・泰造と暮らすショップ店員・美和は泰造に絶大な信頼を置いている。プライドばかりが高く、承認欲求の塊である俳優の慎太郎のお気に入りである風俗嬢の七瀬は今日も淡々と仕事をこなす。父親の会社で働くボンボンで自己中心的な富と共同生活を送る元子役のタレント・鈴は世話をするのも楽しそう。それなりに幸せな日々を送っていた 4組のカップルに訪れた、別れの危機……。ただ幸せになりたいだけなのに、今度の恋愛も失敗なのか?それぞれの”本音”と“過去の秘密”が明らかになる時、物語は予想外の方向へと疾走していく!

 ■出演キャスト
 前田敦子 菊池風磨
 伊藤万理華 オカモトレイジ
 黒川芽以 ・ 三浦貴大
 趣里 千葉雄大

 ※映画『もっと超越した所へ。』過去記事
 ・菊池風磨 甘え上手で束縛好き、弱さをみせるクズ男役で前田敦子主演映画に登場!映画「もっと超越した所へ。」10月14日公開発表でメインビジュアル&特報映像解禁
 ・菊池風磨「相手に思う弱い部分や自分の弱い部分が全部ダメなわけではなく、それらを受け入れたうえで愛することが『愛情』じゃないでしょうか」!前田敦子主演作で7年ぶり映画出演【各キャストコメント全文】

 ※記事内画像は(C)2022『もっと超越した所へ。』製作委員会