二宮和也主演「ラーゲリより愛を込めて」東京国際映画祭OP作品

二宮和也主演「ラーゲリより愛を込めて」東京国際映画祭OP作品に2

©2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 ©1989清水香子

 アイドルグループ『嵐』の二宮和也主演映画『ラーゲリより愛を込めて』が10月24日から11月2日の期間に日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区で開催される『第35回東京国際映画祭』(通称:TIFF)のオープニング作品となったことが12日、発表となった。

 『ラーゲリより愛を込めて』は、シベリアの強制収容所(ラーゲリ)に抑留された実在の日本人捕虜・山本幡男を題材にした愛の実話。日本にいる妻と約束した帰国(ダモイ)を誰よりも強く信じ、多くの捕虜たちを励まし続け、その心に希望の火を灯した感動作がワールドプレミアとして映画祭の開幕を盛り上げる。

 一方、クロージング作品は映画『生きる LIVING』に。黒澤明の名作『生きる』(1952 年)がノーベル賞作家のカズオ・イシグロの脚本によって現代に蘇る。これまでサンダンス、ベネチア、サンセバスチアン、トロントといった世界の錚々たる映画祭で上映され、早くも今年のオスカー候補と言われている作品が、映画の生まれた地、日本の映画祭の終幕を飾ることとなる。

 市山尚三プログラミング・ディレクターからは、『ラーゲリより愛を込めて』へ「通常の日本映画のスケール感を越えた作りとそれに見合う深い感動の物語が本当に素晴らしく、ワールドプレミアとしてオープニングを飾って頂けることを非常に嬉しく思います」とコメントが寄せられることに。さらに、『生きる LIVING』へは「日本が誇る黒澤明の名作がイギリスで格調高くリメイクされ、原作の持つ感動が鮮やかに蘇りました。本作が映画の生まれた地の映画祭の終幕を飾って頂けることを誇りに思います」と、語っている。

二宮和也主演「ラーゲリより愛を込めて」東京国際映画祭OP作品に1

©Number 9 Films Living Limited

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする