永野芽郁と奈緒「マイ・ブロークン・マリコ」特別インタ解禁

永野芽郁と奈緒「マイ・ブロークン・マリコ」特別インタ解禁1

 俳優・永野芽郁(23)主演で公開中の映画『マイ・ブロークン・マリコ』(監督:タナダユキ/配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA)。本作の永野と俳優・奈緒の特別インタビュー映像が2日、解禁となった。

 漫画家・平庫ワカ氏のコミック『マイ・ブロークン・マリコ』が原作。ブラック企業に勤め、鬱屈した日々を送るOL・シイノトモヨ(永野)がTVのニュースで親友・イカガワマリコ(奈緒)が亡くなったことを知る。そのマリコのためにシイノは遺骨を強奪し、そのまま旅に出ることとなる……。

 公開された映像内で、2人は「オファーを受けた時の心境」、「それぞれとの共演について」、「印象に残っているエピソード」、「印象に残っているセリフ」について質問がされ、初解禁となる本編映像とあわせて送るものとなる。

 お互いを想いながら、言葉を紡ぎ出す永野と奈緒。作品への参加の経緯を話す中、奈緒がマリコ役を演じる可能性が出て来た段階で「奈緒ちゃんがやるならできるかも」と語る永野。

 一方の奈緒は、「ずっと芽郁ちゃんが隣にいてくれた」ことが大きかったそうで、元々の信頼関係だからこそできた役づくりだったことを明かす。

 難しい役どころだった2人だが、永野は「友達としても、奈緒ちゃんのこの瞬間を、今、私しか見ていないって幸せだなって思う」という気持ちがあったと話しながら、『マイ・ブロークン・マリコ』が「2人の絆を確かなものにしてくれた作品」であると断言。

 さらには「印象に残っているセリフ」を語る中では、公開後だからこそ明らかにできる、作品の細部に渡るまで、ふたりの想いが語られ、「明日に寄り添える作品ができた」(奈緒)、「魂からの叫びをスクリーンを通して体感していただけるようになっていると思います。日常に彩りが出たら良いなと思っています」(永野)と、それぞれメッセージを送っている。

 映画『マイ・ブロークン・マリコ』は全国ロードショー中!

 ■特別映像
 https://youtu.be/6ZzmpZD7KXA

 ※永野芽郁過去記事
 ・田中圭 永野芽郁から「ミステリアスなんて誰一人思ってないですよ!」や「もうそういうとこおっちゃめー!」なエピソード次々暴露!「僕がすごく好きな感じ」の部分とは?
 ・田中圭「怖い夢を見て泣きました」に石原さとみ 永野芽郁と正反対の対応で場内爆笑!「そこ言ったらダメでしょ」と事前にストップかける“父娘”姿も
 ・永野芽郁「あと4時間くらいしゃべりたい」!主演映画「そして、バトンは渡された」サプライズ登場で黄色い歓声や「それは頑張るしかない!」と励ましたこととは?

 ※記事内画像は(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする