浅田真央アルソア クイーンシルバーの「いい泡の日」アンバサダーに就任!ぬいぐるみ作りができる意外な過去を告白

浅田真央アルソア クイーンシルバーの「いい泡の日」アンバサダーに就任!ぬいぐるみ作りができる意外な過去を告白3

浅田真央アルソア クイーンシルバーの「いい泡の日」アンバサダーに就任!

 元フィギュアスケート選手の浅田真央氏(27)が8日、都内で『アルソア クイーンシルバー~11月8日は「いい泡の日」~』PRイベントに登場した。

 化粧品、健康食品等の研究開発・製造・販売を行うアルソア本社株式会社創立45周年を記念し、毎年11月8日を『いい泡の日』と制定するというもの。浅田氏は16歳からアルソア クイーンシルバーを愛用していることから『いい泡の日』アンバサダーに就任となった。

 大人っぽい胸元の開いた黒のロングドレス姿で現れた浅田氏。衣装へ「アルソアクイーンシルバーには炭が入っているのと、クイーンもメージしました」と、その場で華麗に一回転して、「私自身長く使っているので、こういう日に参加できて嬉しく思っています」と、喜びを。

 アルソアクイーンシルバーを11年使い続けているということで、それだけ長く使っているものを挙げてもらおうとしたが、「スケート靴は替えちゃいますし、使い続けているものってそうないかもしれません。タイツとかも意外と長く使う方なんですけど、それでも3~5年くらいなので、11年というのはないですね。常に一緒にいるものなので、手放せない存在です」と、それだけ長く使い続けているものはないそうだ。

 イベントでは、マスコットキャラクターのモコアワちゃんをアルソアクイーンシルバーの泡で似顔絵を作るということに挑戦。その眼差しは真剣そのもので、司会から話を振られても、「いまの話題なんでしたっけ?」と、聞き返すほど集中して楽しんでいるようだった。

 報道陣からはアルソアちゃんの出来についての点数が尋ねられると「100点です!」と、ニッコリ。アルソアちゃんチャームを見ながら、自身でぬいぐるみを作るとも話していた浅田氏だが、実は「小学校5、6年生のときに『ぬいぐるみクラブ』にいたんです。誰かにあげるというより自分用に飾っておきたいという感じで」と、エピソードも披露していた。

 ほかにも今年を振り返って、やはり今年4月にフィギュアスケート選手の現役引退を表明したことが大きいそうで、「自分の人生の中でいろんな決断をしていくと思いますけど、すごく大きな決断をした1つに入るんじゃないかなと思います。いまは新たな道に進んでいるので、2017年は新たな1年になったなと思います」と、しみじみで、「自分に悩みとかもあったんですけど、新たなスタートに進んでいますので来年は来年で楽しみな1年になったかなと思います」と、前を向いていた。

浅田真央アルソア クイーンシルバーの「いい泡の日」アンバサダーに就任!ぬいぐるみ作りができる意外な過去を告白4

浅田真央アルソア クイーンシルバーの「いい泡の日」アンバサダーに就任!ぬいぐるみ作りができる意外な過去を告白2

浅田真央アルソア クイーンシルバーの「いい泡の日」アンバサダーに就任!ぬいぐるみ作りができる意外な過去を告白1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする