城島茂社長「日本を元気にするお手伝い」で国分太一頼りがいUP証言や松岡昌宏がフォローも!株式会社TOKIOとして丸亀製麺と共創型パートナーシップ締結

城島茂社長「日本を元気にするお手伝い」で国分太一頼りがいUP証言や松岡昌宏がフォローも!株式会社TOKIOとして丸亀製麺と共創型パートナーシップ締結2

 アイドルグループ『TOKIO』の城島茂(50)、国分太一(46)、松岡昌宏(44)が21日、都内で『うどんで日本を元気にプロジェクト 合同記者会見』に登場。株式会社TOKIOとして新始動して以降初公の場となり、城島は同社社長として、契約の締結へサインをしたり「日本を元気にするお手伝いをできればと思います」と、笑みを見せたり、「我々一同社員3人で頑張っていかなければと思いました」と、語った。

 株式会社丸亀製麺と株式会社TOKIOが日本を元気にしたい」という想いで共鳴し、共創型パートナーシップを締結し、本プロジェクトを遂行することとなった。

 城島としては「共創ということで何ができるんだろうとワクワクしています」と胸を弾ませれば、国分としてはこの話をもらったときに「4月から始まったTOKIOという会社を丸亀製麺さんが楽しんでくれているというのが嬉しかった」と、笑みを見せた。

 株式会社TOKIOとなった変わった部分へ国分は「リーダーと呼んでいた方が、社長になりまして、社長になったら噛まなくなりました」と、“成長”したといい「これからもついていっていいですか!」と、頼りがいも増えたよう。ただし、いきなり話を振られた城島が詰まってしまう一幕もあり、松岡が「アドリブには……(苦笑)。いきなり振らないでください」と、社長をフォローもしていた。

 国分としては、「会社ごっこではなく本当に会社になったんだなと思ってもらえるように必死に全力で頑張っていきたいと思います」と意気込んでいたが、会見ではさっそく3人が丸亀製麺側にアイデアをぶつけることも。『キッチンカー全国行脚』(城島)、『うどん 食育』(国分)、『トッピング開発』(松岡)とし、どれも地元に根付いたものと合わせていくアイデアを出し、丸亀製麺側の関係者も聴き入っていた。

 ※関連記事
 ・丸亀製麺関係者 株式会社TOKIOとのプロジェクト提携は「企業と芸能の方というイメージではなくて、企業と企業として本当に提携させて頂けるということを感じました」

城島茂社長「日本を元気にするお手伝い」で国分太一頼りがいUP証言や松岡昌宏がフォローも!株式会社TOKIOとして丸亀製麺と共創型パートナーシップ締結1

城島茂社長「日本を元気にするお手伝い」で国分太一頼りがいUP証言や松岡昌宏がフォローも!株式会社TOKIOとして丸亀製麺と共創型パートナーシップ締結3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする