AKB48まゆゆ囲み会見で報道陣へも気遣い!卒業公演に来てくれたファンへもひたすら感謝で「この方々に支えられてきたなって実感して、目頭が熱くなり感動しました」

AKB48まゆゆ囲み会見で報道陣へも気遣い!卒業公演に来てくれたファンへもひたすら感謝で「この方々に支えられてきたなって実感して、目頭が熱くなり感動しました」6

AKB48まゆゆ渡辺麻友が報道陣らへも気遣いを見せた

 アイドルグループ『AKB48』の“まゆゆ”渡辺麻友(23、チームB)が26日、都内でAKB48劇場卒業公演直後に囲み会見を開いた。

 会見は予定時間より10分ほど遅れてスタートしたが、報道陣へ向けた第一声は「おまたせしました!よろしくお願いします!」と、顔の前で手を合わせ自分の卒業より他人のことへ気遣う姿も。

 とくに卒業公演に来てくれたファンへは、「最初は幕が開いて、ファンのみなさまの顔を見ていて、11年間支えてくださったファンの方の顔があったんです。いつも握手会とかに足を運んでくださる知る顔。知っているファンの方もたくさんいたので、本当にこの方々に支えられてきたなと実感して、目頭が熱くなり感動しました」と、ファンへひたすら感謝。

 報道陣の質問にも流れで適当な返答はせず、自身のアイドル活動へ点数をつける際には、「うーん」と、何度もうなりながら「150点!高得点(笑)。11年間まっすぐ頑張ってきたなって自分に思うので、それぐらいつけてあげていいかなって」。

 会見では涙はなく、終始笑顔で最後までプロを貫き、最後も「本当にがむしゃらにひたすらまっすぐに駆け抜けてきた11年間でたくさんの方と出会えて、素晴らしいファンの方と出会えて、幸せで、幸せすぎる本当に素晴らしい11年間となりました。みなさま11年間たくさんの応援をありがとうございました。これからも、卒業しても、渡辺麻友もAKB48もよろしくお願いします」とスピーチし、記者からの求めでキャッチフレーズを「みーんなの目線を頂きまゆゆ!やりおさめ!!」と、笑顔で、何度も「ありがとうございました」と言いながらその場をあとにしていた。

AKB48まゆゆ囲み会見で報道陣へも気遣い!卒業公演に来てくれたファンへもひたすら感謝で「この方々に支えられてきたなって実感して、目頭が熱くなり感動しました」4

AKB48まゆゆ囲み会見で報道陣へも気遣い!卒業公演に来てくれたファンへもひたすら感謝で「この方々に支えられてきたなって実感して、目頭が熱くなり感動しました」5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする