ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も10

ももクロが横浜アリーナでバレイベ開催!

 “ももクロ”こと人気アイドルグループ『ももいろクローバーZ』の百田夏菜子(23)、玉井詩織(22)、佐々木彩夏(21)、高城れに(24)が11日、神奈川・横浜アリーナでニッポン放送『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2018』<表>を開き集まった1万2000人の観客を熱狂させた。

 同局の番組公開イベントで、2012年から6年目となる『ももクロ』によるバレンタインイベントで、今年も昨年に引き続き10日と11日の両日で<裏>、<表>での開催となる。

 ライブビューイングもあるなかでのステージとなり、ごあいさつとばかり『猛烈宇宙交響曲~第7楽章「無限の愛」』、『Chai Maxx』、『Yum-Yum!』と3曲立て続けに披露し、1万2000人は一気に最高潮に。

 続けて『ももクロvsレジェンドDJ』コーナーでは、“人生の最終目標がここに出ること”というDJの小林克也をゲストにラジオでの曲紹介の技術を伝授されるものに。まずは小林が、ももクロを知っているのかという話題が振られたが、自身の番組でヒットチャートの紹介もあることから「当たり前ですよ」と、会ったことこそなくても、身近に感じていたという。

 ラジオの極意として小林は「リスナーとどうつながっているか。聴いている人と対話してるんだよね。曲は生き物で、きのうかけた曲をきょうかけても違う印象になってることがある。オリンピックで選手が勝ったときに流れてたらそれだけ変わってくる」と、ベテランDJらしいコメントも。その小林の話がちょっと長くなってしまったため司会の吉田尚記アナが「会場の空気を読んで進めても……」と、“進言”すると「吉田くんはいいアナウンサーだよね」と、しっかり褒める一幕も。

 そして曲紹介の練習へ。『THE BEATLES』の名曲『Help!』の紹介で“助けて”という部分にメンバーそれぞれのストーリーをつけるというもので、玉井は「30までにいいひと見つかるかな、はぁ助けて」とため息混じりのものだったり、歌い出しまでが長い曲には叫んだり、踊ったりして対応するというものを習っていたが、百田がいたずら心を出し、吉田アナに無茶振りするなどでも盛り上がった。

 そのままソロコーナーへ突入。玉井、百田、高城、客席側でのパブォーマンスでハイタッチしながら歌ったり、メンバーたちが場内のさまざまな場所に現れ距離の近い演出で楽しませるものに。

 続けてはショートドラマ『運命という名の手紙』コーナーへ。メンバー1人ずつのプロフィールを深く掘り下げつつ、ジャージ姿の4人が手元に届いたという謎の英文字の手紙を持ち寄り、なぜこのメンバーだったかを話すというもので、それを並べ替えると『BEST NEXT STAGE』(次の舞台に立て)という意味に。百田が「みんなと一緒にあの空を越えて」と、これからの活動に思いを馳せたところで4人で『米米CLUB』の『浪漫飛行』を歌うという、じんわりと胸に迫る演出も。

 そんなしっとりとしたコーナーの後には、人間を見立てたピンを倒す『ももクロボウルだ~Z』コーナーが開催。こちらは番組スタッフ10人がピンのかぶりものをして現れてが、この“ピン”たちは最新のボウリング場のビッグデータを利用したうえ、虫歯の数から貯金の数までで強度が決まり、推しメンへの声援の大きさで倒れるかどうかも決まるという吉田アナいわく「激茶番」という、ふわっとしたルール。

 そのルール説明中にも、メンバーたちは客席に向かってボールを投げるスイングをすると、その先にいたモノノフたちが倒れだすという楽しげな“お遊び”で、どこまでも観客を楽しませつつ、いざ勝負へ。玉井は6本、高城は9本、佐々木はガーター、百田はストライク……かと思われたが、投げる白線を超えてしまったため失格に。しかもVTRで失格の瞬間が判定ともなったが百田は「あれ私じゃない!ズボンが違う!」と抗議したが結局失格で、高城が勝利!その高城には1万2000個のチョコがプレゼントされ、ファンからの声に「みなさんに差し上げます!」と、大盤振る舞いとなっていた。

 終盤には『ももクロくらぶxoxo!リスナーが選んだあなたが聴きたいももクロこの1曲リクエスト』と題してリスナーからの投票で決まったランキングを1曲ずつパフォーマンスするというものに。5位に『キミとセカイ』、4位は『ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡』、3位は『オレンジノート』とあったが2位だけは『Z伝説~終わりなき革命』だったが、こちらは「ただいま準備中!ごめんなさい!」との文字のみで歌はなく、これはメンバーたちも観客に「どうしたらいい?」と、今後の新しい“Z伝説”に期待となりそうだ。そして1位は『全力少女』で、笑顔いっぱいにパフォーマンスしていた。

 アンコール後にはTシャツに短いジーンズ姿で登場し『行くぜっ!怪盗少女』『走れ!』の2曲を会場をめぐりながら熱唱。そして、百田は、「バレンタインイベントで新たなスタートを切るような感じがしますよね。私達10周年を迎えます」と、しみじみ語ると、佐々木は、「変わっていくものもありますけど、こういった変わらないものも大切にしたいですね」と、実感を。高城は“謎掛け”で「『バレンタインの手作りチョコレート』とかけて、『私達の絆』と解く。作って固めることが大事でしょう!みんなの絆がもっともっと深まれば」と、いい感じにまとめ4人で「ハッピーバレンタイン!」と、呼びかけて笑顔あふれるままにイベントは終演を迎えた。

 なお最後の最後には来年の本イベントも2月9、10日に横浜アリーナで開催されることもアナウンスされた。

 ■セットリスト
 ◯ライブパート1
 M1:猛烈宇宙交響曲~第7楽章『無限の愛』
 M2:Chai Maxx
 M3:Yum-Yum!
 M4:CONTRADICTION

 ◯ももクロvsレジェンドDJ(吉田尚記アナウンサー、ゲスト:小林克也)

 ◯ソロライブコーナー
 M1:涙目のアリス/玉井詩織
 M2:太陽とえくぼ/百田夏菜子
 M3:「3文字」の宝物/高城れに
 M4:だってあーりんなんだもーん☆/佐々木彩夏

 ◯ももクロANN VTRその1

 ◯ラジオドラマ(主役:百田夏菜子)→浪漫飛行(米米CLUB楽曲)

 ◯ももクロボウルだ~Z!

 ◯ももクロANN VTRその2

 ◯ももクロくらぶxoxo!リスナーが選んだあなたが聴きたいももクロこの1曲クリクエストコーナー
 M1:さらば愛しき悲しみたちよ

 5位:キミとセカイ
 4位:ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡/佐々木彩夏withももメイツ
 3位:オレンジノート
 1位:全力少女

 EN1:行くぜっ!怪盗少女
 EN2:走れ!

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も2

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も4

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も9

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も11

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も7

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も1

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も3

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も5

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も6

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も8

ももクロ横浜アリーナで1万2000人前に6年目のバレイベ開催で大盛り上がり!小林克也からDJ術伝授や朗読劇で胸に迫る演出も12

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする