松本人志 まるで“被害者の会”集結の爆笑イベント!「変態」「殺意が湧きました」「商売あがったり」と恨み節連発の事態に

松本人志 まるで“被害者の会”集結の爆笑イベント!「変態」「殺意が湧きました」「商売あがったり」と恨み節連発の事態に2

『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』配信記念記者発表会を開催!

 お笑いコンビ『ダウンタウン』松本人志、『フットボールアワー』岩尾望、『南海キャンディーズ』の“しずちゃん”山崎静代、お笑いトリオ『安田大サーカス』クロちゃん、タレント・鈴木奈々、ダイアモンドユカイ、ボビー・オロゴン、諸星和己が19日、東京・六本木ヒルズ大屋根広場でAmazon Prime Video『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』配信記念記者発表会を開いた。

 Amazon Prime Videoで人気の『ドキュメンタル』に続く、松本による新シリーズ。参加者8名が、参加者を襲う数々の仕掛けに驚くことなく、戸惑うことなく、微動だにせず耐え抜いた者が優勝賞金100万円をゲットできるという企画。“FREEZE”は英語役で“止まれ”、“動くな”を意味しておりその名の通り“FREEZE”しなければならない過酷なものとなっている。

 登壇者たちはそのまま第1回の出演者となるが、松本は「この人選は良かったと思います」と自信を見せれば、諸星は「終わりかけた芸能人の集まり」と、毒づいて笑わせることも。

 「『ドキュメンタル』からいろいろ削ぎ落として残したらこうなったんです。何もしないことで優勝できる大会、100万円もらえる大会は夢のような大会ですよ。芸人じゃなくても誰でも出れるんじゃないかと」と、趣旨を説明する松本は、「僕もいまTVの世界から干されかけてますからね。Amazonさんと心中するつもりで頑張りたいと思います」と、淡々と話し場内を爆笑させる。

 松本以外の登壇者はさながら“被害者の会”のような様相を呈し、松本への恨み節が連発。

 「次の日仕事が休む言い訳にならないくらいの嫌なダメージで、それが長時間続くんですよ」(岩尾)

 「やっぱり松本さんは変態だなって。変態の行き着く先はこうなるんだなって」(しずちゃん)

 「今後日本に来るときは、なるべく松本という人と出会わないようにというくらいの企画でした。夢に出てきた。次があるならゆっくり考えて、はっきり断りたい」(ボビー)

 「困ったのは収録が終わってからなんです。ドッキリがあるときに1回固まってしまうようになったんですよ。商売あがったり」(クロちゃん)

 「まさしくSMですね。やらされている方はたまんないぐらい、観ている方が楽しいのでは。とにかく自分が無になるように。無我の境地です。“ケガ”もしましたよ」(ユカイ)

 「めちゃめちゃ怖くて、最初からレベルが高かった。予想外ののことが巻き起こるんです。初めて松本さんのことむかつきました。殺意が湧きました」(鈴木)

 さらに、諸星が「悪くいうと松本さんのパワハラ。一生懸命遊ぶと言うか。徐々にハマってくるんでしょ。段々心地よくなってくるんですけど、腹も立ってくるですよ」というと、松本も「審議が入ったら……本気で全員訴えたら勝てると思いますよ。これが本当の王様の遊びかなって」と、そこは否定せずで、ユカイも「お笑いのキュビズムだよ」と、漏らすほどハチャメチャな内容になっているよう。

 そんな様子を眺めていた松本は、「みんながんばてるから、そんなにカネが欲しいかと」とツッコミつつ、次回開催があるなら出てほしい人へは、松本は「バラエティーで見れない人も出てほしいですね。言葉はいらないなとやっていて思いました」と、アピールしていた。

 松本から、「お笑いの最先端とは言わないですけど、誰もやっていないことをやっているので1回は観てもらいたいです!」と、呼びかけていた『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』は19日よりPrime Videoにて毎週水曜に1話ずつ、全5話で配信!

松本人志 まるで“被害者の会”集結の爆笑イベント!「変態」「殺意が湧きました」「商売あがったり」と恨み節連発の事態に1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする