中川翔子 カメレオン頭に乗っけて大興奮!ラプンツェルに感謝で「毎日の中での見える角度が変わってきた」

中川翔子 カメレオン頭に乗っけて大興奮!ラプンツェルに感謝で「毎日の中での見える角度が変わってきた」4

中川翔子が『ラプンツェル ザ・シリーズ/コロナの壁を越えて』日本初放送を記念した全国プロモーション出陣式に登場

 “しょこたん”の愛称で親しまれているタレント・中川翔子(33)が10日、東京・麻布台のスタジオ・ディズニーでディズニー・チャンネル15周年記念『ラプンツェル ザ・シリーズ/コロナの壁を越えて』日本初放送を記念した全国プロモーション出陣式に登場した。

 ディズニー・チャンネルが15周年を記念し、映画『塔の上のラプンツェル』のその後を描くTVシリーズ『ラプンツェル ザ・シリーズ/コロナの壁を越えて』を10月20日午後6時から日本初放送。塔の上から解放されてお城の生活に慣れてきたラプンツェルが、お城の外の世界へ出ていき、髪の謎を追う特別エピソードとなる。中川はラプンツェルの声を務めていることから今年12月から1年間で全国4ヶ所を訪問するプロモーションをすることとなった。

 ラプンツェルを意識したパープルの上着姿で現れた中川。これまでのラプンツェルにかかわる活動へ、「ラプンツェルに出会えたことによって、たくさんの夢が星座のようにドンドンつながっていく、人生が何倍にも楽しく、ワクワク刺激的になりました。ラプンツェルのアフレコを初めてしたのは2010年の秋で、2011年に公開されたんですが、東日本大震災もあったので、公開がなかなかできなかったりがあったんです。けれど、時間が経って観に行ったときに、子供から大人まで映画館がいっぱいで、声を出して笑顔になる素晴らしさを映画館で知ることができたんです。それから7年経ち、こうして続編でもまたラプンツェルを演じさせて頂いて、公開当時生まれてなかった子どもたちからも『ラプンツェルが大好き』という、本当に幸せな未来にラプンツェルが連れてきてくれています。ラプンツェルは18年間塔に閉じ込められていて、恋人に出会って、お城のプリンセスになって、今度は新しい冒険では外に飛び出していく。ラプンツェルにとってすべての出会い、すべての場所が全部楽しみ、私もそんなふうにすべての瞬間をワクワクできたら素敵だなって、生き方に大変刺激をもらっています」と、大いに気持ちを語った。

 今回放送される作品へは「外の世界にはディズニーらしいといえるような曲者がいたり、ハワイアンな衣装を着ることもあったり、基本的に裸足を貫いていてブレないところも素敵です。可愛い、素敵だけじゃない、古き良きディズニーらしさもさく裂しています。魔法で鳥に変えられちゃうとか、映画になかったビックリする展開もあります」と、期待をあおりつつ「恋の展開はあるのかないのか……。ちゃんと、けんかしたり失敗したりというのもラプンツェルにとって楽しくて、ウルトラポジティブなんです。人をディスったりしなくて、おいしくないものを食べても、なんとか褒めようと探す、究極のポジティブがラプンツェルだなって思うんです」と、キャラクター性のことも。

 そんなラプンツェルを見ていて中川は、「真似したいなって思うところもあるんです。人生って30代はいろんなこともあるから日々落ち込むこともあるんです。でも、ラプンツェルは逆に『結果オーライだわ』って、毎日の中での見える角度が変わってきたなって感じがします」と、生き方も学んでいるようだった。

 作品に合わせて自分の乗り越えたい壁へは、「『もう、しょこたん30代になったの?』とか、行く先々でそいうお話になったりするんです。ディズニーと言えば永遠だなって思うので、できる限り、生涯映画のときと同じラプンツェルの声を保てるように。そして、子どもたちに、『あっ!ラプンツェル!!』と、新しい冒険の物語も知って頂きたい。健康で長生きして、ラプンツェルを貫きたいので、無事故を貫いて頑張りたいと思います。なにかあったらラプンツェルはできなくなってしまうので(苦笑)。変わらないと思われたいなというのはあるので」と、これからの目標を語っていた。

 続けて、大切な思い出の場所はないかと質問が飛んだが、「アニメソングを歌うという夢がかなって、10年前にロサンゼルスで7000人がいる前で歌わないといけなかったんです。当時持ち歌は3曲しかなかったんですけど、海外で日本語のまま歌えるって生きてきてよかったと思っていたんです。そうしたら今年の夏に10年ぶりにまたロサンゼルスでライブをする夢がかなって、10年前の夢がかなって。嬉しいことも、しんどいこともあって、途中でくじけそうになったこともあったんです。でも、やめずに続けてきて良かったって。また、海外でもお仕事をできるように頑張りたいと」と、それまでの思いと絡めて披露もしていた。

 ほかにも、ラプンツェルの武器であるフライパンにイラストを描いて全国プロモーションをする所信表明をしたり、ラプンツェルの親友『パスカル』にちなみ、本物のカメレオンを肩や頭に乗せることもあり大興奮といった様子だった。

 今後中川は全国プロモーションの最初の行き先として12月24日に舞浜で行われる『ラプンツェルのクリスマスパーティー』に参加することも発表となった。

中川翔子 カメレオン頭に乗っけて大興奮!ラプンツェルに感謝で「毎日の中での見える角度が変わってきた」1

中川翔子 カメレオン頭に乗っけて大興奮!ラプンツェルに感謝で「毎日の中での見える角度が変わってきた」2

中川翔子 カメレオン頭に乗っけて大興奮!ラプンツェルに感謝で「毎日の中での見える角度が変わってきた」3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする