若月佑美 乃木坂46齋藤飛鳥と壇上で見つめ合って笑顔や楽屋違って卒業実感!福田雄一監督“担いで”登場で「暇だった」とイジりも

若月佑美 乃木坂46齋藤飛鳥と壇上で見つめ合って笑顔や楽屋違って卒業実感!福田雄一監督“担いで”登場で「暇だった」とイジりも4

でLINE NEWS Presents『NEWS AWARDS 2018』が開催!

 『乃木坂46』の齋藤飛鳥、元『乃木坂46』の若月佑美が10日、都内ホテルでLINE NEWS Presents『NEWS AWARDS 2018』に『DA PUMP』のISSA、DAICHI、KENZO、TOMO、KIMI、YORI、U-YEAH、株式会社ZOZO代表取締役社長の前澤友作氏、『野性爆弾』のくっきー、サッカーの槙野智章選手とともに登場した。

 本賞はニュースサービス『LINE NEWS』において、2018年を彩る“話題の人”をLINE NEWSが独自の基準で選出・表彰するもの。この『実業家・政治家』部門に前澤氏、『アイドル』部門に齋藤、『文化人』部門に福田雄一監督、『アーティスト』部門に『DA PUMP』、『アスリート』部門に槙野選手、『芸人』部門にくっきー、『俳優・女優』部門に浜辺美波が選出された。

 齋藤は受賞へ「このたびは、ありがとうございます。いまの時代アイドルの方がとにかくたくさんいらっしゃるので、私はその大勢の中の1人であるはずなんですが、こうやってLINE NEWSの方に見つけて頂いて取り上げて頂いて、すごくありがたいなと思います。可愛らしいトロフィーを頂けてありがとうございます」と、ひたすら感謝のメッセージを。

 今年は映画『あの頃、君を追いかけた』でヒロインも演じた齋藤だが、「もともとそんなにお芝居の経験がある訳ではなかったので、『私でいいんですか?』とスタッフさんたちに聞きまわった記憶があります。この映画は台湾とかですごく人気のある作品だったので、プレッシャーみたいなものも多少あったんですけど、ファンのみなさんに喜んで頂いて、私も得るものがたくさんあって、貴重な機会があってよかったと思います」と、いい経験になったそうだ。

 司会からアイドルと女優のときの違いは何かと質問が挙がったが、「別に……どちらも私は中途半端な感じでやっているので、ごまかしごまかしでやっている感じで、大層なことをしていないんです。日々感謝しながらです」と、話していた。

 一方、今月4日の日本武道館公演にて卒業セレモニーが開かれた元『乃木坂46』の若月だが、この日は、福田監督の代理として、福田監督の等身大パネルを担いで現れることに。福田監督からビデオメッセージでは現在放送中のドラマ『今日から俺は!!』に出演していることから代理となったが、「どうやら若月しか暇な人がいなかったので」と理由を暴露され、若月は福田監督は壇上で苦笑い。

 それでも若月は、福田監督に感謝の気持ちが深く、「私にとっての1年も乃木坂46を卒業して頑張っていこうという中で、私を起用くださったのが福田さんで感謝しています。ありがたいですし、いい1年になったなぁと思っています」と、メッセージを寄せたり、「福田さんのVTRにあるように『若月が一番暇だろう』という感じでいじってくださるので、もともとアイドルをやっていた身としては、ヒロインとかそういう場所が多かったので、いろいろいじられたり、ぶっ飛んだ役をやらせて頂ければと思っていて」と気持ちを語った。

 ほかにも撮影のエピソードへ「アクションシーンとか自分の分野じゃないところが来たら寝ます。忙しいのを隙間で」と、意外なエピソードを披露したり、グループを離れて感じることはないかとの質問に、「全然感じていなかったんですけど、きょう感じました。現メンバーの齋藤飛鳥ちゃんがここにいて、元メンバーの私が同じ舞台にいるんですけど、楽屋が別で、『ああもうこうしてグループではなくて1人で頑張っていかないといけないんだな』って」と、しみじみ話していた。

若月佑美 乃木坂46齋藤飛鳥と壇上で見つめ合って笑顔や楽屋違って卒業実感!福田雄一監督“担いで”登場で「暇だった」とイジりも1

若月佑美 乃木坂46齋藤飛鳥と壇上で見つめ合って笑顔や楽屋違って卒業実感!福田雄一監督“担いで”登場で「暇だった」とイジりも3

若月佑美 乃木坂46齋藤飛鳥と壇上で見つめ合って笑顔や楽屋違って卒業実感!福田雄一監督“担いで”登場で「暇だった」とイジりも7

壇上で笑い合う若月と齋藤

若月佑美 乃木坂46齋藤飛鳥と壇上で見つめ合って笑顔や楽屋違って卒業実感!福田雄一監督“担いで”登場で「暇だった」とイジりも2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする