小島梨里杏、「キ上の空論 #10 ひびのばら」で舞台初主演決定!「挑戦したことのない、見たこともない世界が広がるはず」

小島梨里杏、「キ上の空論 #10 ひびのばら」で舞台初主演決定!「挑戦したことのない、見たこともない世界が広がるはず」

舞台初主演の小島梨里杏

 女優・小島梨里杏(24)が、来年3月27日より上演される舞台『キ上の空論 #10 ひびのばら』で舞台初主演を務める。

 同舞台は、2013年12月に旗揚げ。『オフィス上の空』代表・劇作家の中島庸介の個人ユニット『キ上の空論』。言葉遊びや韻踏み、擬音の羅列や呼吸の強弱、若者言葉や方言など、会話から不意に生まれる特有のリズム〈音楽的言語〉を手法に“ありそうでなさそうな日常”を描く。

 小島は、「この度、念願のキ上の空論さんに!しかも初主演という形で参加させていただくこととなりました。‬‪これはもう作演である中島さんとのご縁、出逢い、そしてきっかけをくださったすべての方のおかげです。2018年最後の月に嬉しい報告ができて幸せです。本当にありがとうございます」と、感謝の言葉を。

 続けて、「物語をまだ私自身も詳しくはわかりませんが、おそらく挑戦したことのない、見たこともない世界が広がるはず。‬‪楽しみでもあり、正直、だいすきな方との再共演もありドキドキしておりますが、、気持ちは強く、でもどこまでも繊細に頑張ります」と、抱負を語った。

 ■あらすじ
 『花山荘』に引っ越してきた寿(ことぶき)は、はじめての一人暮らしに少し緊張しながら生活していた。ウォシュレットもついていない花山荘を、妹の歩(あゆむ)は「ボロいボロい」と馬鹿にするが、寿は此処を気に入っていた。近所の惣菜屋でアルバイトをしながら、徐々にこの街に溶け込んでいく。そんな日常の中で、フラワーアレンジメント教室で出会った梶原文(かじわらふみ)に興味を持ち始める。

 同じく花山荘に住んでいる輝男(てるお)はどうしようもない男だった。いつも友人にお金を借りては、すべて“遊び”に費やしてしまう。ある日、遊びで付き合っていたマミが「子供ができた」と言ってきて、輝男の何かが変わりだす。

 ■公演スケジュール
 2019年3月27日(水)~31日(日)

 ■会場
 東京芸術劇場シアターウエスト
 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

 ■チケット(全席指定・税込)
 前売:5,500円
 当日:6,000円
 【チケット取り扱い】
 〈WEB予約〉
 http://confetti-web.com/hibinobara
 〈電話予約〉
 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
 〈一般販売〉2019年1月11日(金)11:00~

 ■公演お問い合わせ
 ticket.luckup@gmail.com

 ■小島梨里杏(こじま・りりあ)プロフィール
 1993年12月18日生まれ、東京都出身の女優。
 2014年、『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)で演じたトッキュウ3号/ミオ役が好評を博し、幅広い層から支持を集める。2017年4月からは『天才テレビくんYOU』(NHK Eテレ)のメインMCに抜擢。また、今年『DAM CHANNEL』の15代MCにも選出。幅広いジャンルで活躍する、注目の若手女優のひとり。

 ◇小島梨里杏生誕記念イベント 「25歳の始まりに-2018 」feat. Xmas
 日程:12月23日(日)
 会場:WATERRAS COMMON ホール
 チケット:3,500円(税込)
 チケット購入はこちらから
 https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1824338

小島梨里杏、「キ上の空論 #10 ひびのばら」で舞台初主演決定!「挑戦したことのない、見たこともない世界が広がるはず」


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする