神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」1

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!

 『西尾維新大辞展』東京会場オープニングイベントが27日、東京・松屋銀座8階のイベントスクエアで開かれ声優・神谷浩史、坂本真綾、梶裕貴が出席した。

 作家・西尾維新氏の作家業15周年を記念した初の展覧会。『戯言』シリーズ、『〈物語〉』シリーズ、『忘却探偵』シリーズを中心に作品に登場する数々の名文や、装画・アニメーションを辞典のように「あ」から「わ」までの索引で数々展示し、オリジナルグッズも100点の大ボリュームで販売予定となっている。神谷と坂本は『<物語>』シリーズで阿良々木暦役と忍野忍役を、梶は『戯言』シリーズでいーちゃん役で出演している。

 セレモニーでは、まず講談社関係者から西尾氏から「今回15年という歳月を振り返ってあらためて分かったのは、西尾維新という作家が創作されるに当たって、僕が果たした役割は非常に微々たるものであり、すべては1冊1冊を支え、見守り、形作ってくれた方々のおかげだったということです。いまこの瞬間も、僕に執筆し続けることを許してくれているみなさんに、辞典のように厚く御礼申し上げます」と、ウィットに富んだメッセージが寄せられ、テープカットが行われた。

 展覧会を回ってみて神谷は「とにかく圧倒されましたね。ここに書いてある文字が、すべて1人の作家に生み出されたものだと思うと、考え始めると怖くなっちゃって。あまり考えすぎないように文字を読んでいたんですが、その文字数も圧倒的すぎて時間がものすごく足りなかったなって。軽く1時間以上はいられるんじゃないかと思っています」と、心情を。

 坂本も「想像以上にボリュームのある感じでした。忍野忍というキャラクターの立体像も驚きましたし、この展示のために作られたと聞いて驚きました。文字と平面、映像だったり音だったりで、いろいろ感じられるなと思っています」と、しみじみで、梶は「僕は西尾維新先生の作品にかかわらせて頂いたのは『クビキリサイクル』のOVA化にあたってですので、15年の歴史の中で一番最初の作品ながら日が浅いんですが、その15年を肌で、五感で感じられると思っています」と、感じたことを語った。

 さらに、神谷からは音声ガイドを担当したときのことへ8月放送の『終物語』アフレコ収録後だったと振り返り、梶と同じ文章を読むこともあったのだとか。その部分は、先に神谷がアフレコに臨んだそうで、「梶くんと同じ文章を読まされるという、同じ声優なのでこれは一体梶くんはどう読むんだろうと思っていたんです。僕はアフレコが終わった後に知ったので気が楽だったんですが、梶くんは僕が読んだと知った後だったのでプレッシャーになったのではないかと思います」と振ると、梶は「プレッシャーでしたよ」と苦笑いすると、神谷は「良かったです」と、ニヤリ。

 続けて梶は「同じ時間帯で収録で、いまから同じ文章を読むんだという緊張感もありました(苦笑)。基本的には自分が演じさせて頂いている役以外のセリフを声に出して読ませて頂く機会はまずなくて、その文章がつなぎ合わさったものが読めるというのはとても光栄なことだと思いました」と、印象を語り「僕も開催中にゆっくり聴きたい」とのことだった。

 ほかにもテクニカルな話として、神谷は「普段アニメーションで音にさせて頂くときに自分のリズムとかを乗っけた上で表現することが多かったんです。今回のナレーションにかんしては西尾先生の文章なので読点、句読点を意識して読ませて頂いているので、点を打っているところを意識したり、本当はいらないのになというところにブレスを入れて読んだりとかってことはやらせて頂いているところではありますね」。

 そこから西尾氏の作品の魅力へ神谷は「ちょっと正確には分からないですけど、正直に言うと分からないままやっているんです。でも、なんか文章にものすごく魅力を感じるというのは間違いないんです。それがなんだかわからないから、文章を忠実にアニメにしよう、忠実に音にしようということに突き動かされてきて<物語>シリーズって作られてきたと思うんです。読後感に近いものをアニメから感じると言って頂けるようになったのではないかと思うんです。これが魅力だというのを模索している最中だと思うので、もしかしたら物語シリーズというのは先々どこまで続くか分からないですけど、映像化すべてしきったところで、西尾維新先生の魅力ってこうだったんじゃないかと分かる日が来るのではないかと思います」と、スピーチし坂本も「西尾先生自身もミステリアスな方で、どんなことを考えているか掴みきれないもっと知りたくなる魅力があるんです」。

 そして来場するファンへ神谷は、「とにかく圧倒されます。文字から生まれた何かですべてが西尾維新という作家1人から生み出された、文字から生み出された何かで構成されています。それは立体物であったとしても、文字そのものが展示される展示の仕方や文字の表示の仕方、文字から生まれた音だったりとかすべてが1人の作家によって生み出されているのかと思うとそら恐ろしい気持ちになるんです。あらためてそういうのを見た後に、西尾維新先生の文章を音にするっていうのはすごい覚悟がいることなんだ、才能だったり魅力で言葉で表しきれない何か感じとれてしまったので、音にすることは非常に覚悟のいる作業と感じました。みなさんはそこまで考えなくてもいいですが、圧倒されに来てください!」と、呼びかけていた。

 オープニング時間直前には、約150人のギャラリーが列を作るほど。音声ガイドも事前予約分は完売するほどの勢いとなった。

 『西尾維新大辞展』東京会場は27日から8月7日まで松屋銀座8階のイベントスクエアにて、大阪会場は8月9日から21日まで大丸心斎橋店 北館14階で展開!

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」4

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」5

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」6

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」2

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」8

神谷浩史

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」9

坂本真綾

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」10

梶裕貴

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」7

神谷浩史&坂本真綾&梶裕貴が「西尾維新大辞展」東京会場オープニングに出席!「圧倒されに来てください」3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする