氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」

氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」6

『文化放送×長良グループ ジョイント RADIO!~昭和の名曲、平成の名曲リクエスト』が開催!

 歌手・山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよし、岩佐美咲、辰巳ゆうと、タレント・西寄ひがしが13日、東京・浜松町の文化放送で『文化放送×長良グループ ジョイント RADIO!~昭和の名曲、平成の名曲リクエスト』として同局のラジオ番組に出演し、番組を盛り上げた。

 番組では、番組へのトークゲストや、昭和の名曲と平成の名曲の電話リクエスト受け付けにも長良グループのタレントたちが受けていく。

 囲み会見ではそのトップ3が山川により発表され、『昭和の名曲』では22票で3位に美空ひばりさんの『人生一路』、33票で2位に井沢八郎の『あゝ上野駅』、75票で1位に西城秀樹の『YOUNG MAN (YMCA) 』が。『平成の名曲』では79票で3位に辰巳ゆうとの『おとこの純情』、161票で2位に氷川の『大丈夫』、177票で1位に氷川の『限界突破×サバイバー』となることに。

 この結果を聞いた氷川は「お忙しい中、リクエストして頂いてありがたいです。『大丈夫』と『限界突破×サバイバー』をリクエスト頂いて光栄なことでございます」と、笑みが浮かんだ。

 『大丈夫』と『限界突破×サバイバー』といえば、昨年大晦日の『第70回 NHK紅白歌合戦』で“神龍”のようなドラゴンの頭に乗りド派手なパフォーマンスをしたことでも話題の楽曲となるが、氷川は録画でその様子を見たそうで、「見たらすごいことになっていて、やっているときは一生懸命でスイッチ入っていますけど、終わってみるとあら~という感じで」と、自分でもビックリの出来だったそう。

 ちなみに、氷川は電話でリクエストを受けていて『限界突破×サバイバー』によって「若い子ちゃんで最近知りましたという方が多くて」と、好反応だったそうだ。

 また、今年2月にも新曲をリリースする氷川。そのタイトルは『母』と、タイトル通り母親の心を歌った曲だそうだが、「振り返ると、そこに母がいたから。世界は敵に回してもお前の味方だというメッセージをと思って」という気持ちを込めたことと、自身の芸能生活21年目に突入することへ「21年目はゼロから、また生まれ変わる気持ちで。自分を生きるという思いでこの曲を」という気持ちもあることを明かしていた。

 さらに氷川は、デビュー5周年を迎えたときに「母は大きな病気をして死にかけたときもあったんです。なんとか生きてほしいと思って。ファンのみなさんはもちろんですけど、母がいないと歌っていくことができないし、母がいるから歌っているので。いま年をとって痩せ過ぎて、小さくなって見えるんですよ」と、しみじみ。田川から「お母さんに似てきたよね」というと水森も「お母さんと初めてお話したときにきよしくんとしゃべってるみたいだった」と声をかけられて、氷川は「そうでしょ~」と、楽しげだった。

氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」1

氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」3

氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」7

氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」5

氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」2

氷川きよし 紅白歌合戦“限界突破”パフォーマンス観て「あら~という感じ」!新曲「母」へ「また生まれ変わる気持ちで」4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする