宮崎謙介氏 不倫報道でも応援する東出昌大とめった切りにした喜多村緑郎の違いとは?妻・金子恵美氏は「とはいえ受け入れられてないというのは分かったうえで出ている」

宮崎謙介氏 不倫報道でも応援する東出昌大とめった切りにした喜多村緑郎の違いとは?妻・金子恵美氏は「とはいえ受け入れられてないというのは分かったうえで出ている」5

韓国ドラマ『ダーリンは危機一髪!』リリース記念イベントを開催!

 元衆議院議員の宮崎謙介氏(39)と同じく元衆議院議員の金子恵美氏(41)夫妻が26日、東京・新橋のスペースFS汐留で韓国ドラマ『ダーリンは危機一髪!』DVDリリース記念イベントに登場した。

 『SUPER JUNIOR』のシウォンとイ・ユヨンが初共演した作品。天才サギ師・ジョングク(シウォン)が女刑事・ミヨン(ユヨン)と結婚してしまい、自分の正体を必死に隠しながらも妻を守るため、国会議員になるべく大奮闘する破天荒なドラマ。秘密を抱えた夫婦のドタバタ攻防戦に胸キュン&爆笑シーン連発のハートフルかつ、トラブルコメディーに仕上がっている。

 宮崎&金子夫妻といえば、2015年5月に結婚したが、16年2月に宮崎氏に不倫疑惑が報じられ、宮崎氏は議員辞職し連日報道をされるなど、まさに“ダーリンは危機一髪”状態となってしまった。それを踏まえてか、宮崎氏は「私にしか話せない内容があるのではないかと思い来ました」と第一声から言い出し報道陣を笑わせることも。

 宮崎氏は作品を観て「本当に面白くて、ジョングクさんが他人のように思えませんでした。謝罪会見のシーンもあるんですが、朝から観ていたんですが、フラッシュバックしたというかで目が覚めました」と、感想を。さらに、コメディー部分だけではなく、「選挙のことをしっかり描いているんです」と、感心もしたのだとか。

 一方、金子氏は最近、コメンテーターとして活動しているが、「ドラマを語るイベントは初めてです」とのことだったが、「設定は興味深くて、先の展開が観たくて一気に観てしまいました。まずは隠している夫婦間での秘密がバレるんじゃないかというのがというハラハラ・ドキドキ、コントっぽいところも声を上げて笑いましたし、夫婦に関しては倦怠期があったり相手のことを不信に思うことがあったりして。ドラマの中のセリフで、『他人の多くの言葉より、夫の一言が重たい』というセリフがあって、このセリフはストーンと落ちてきて、夫婦で観てもらいたいなともいました」と、しっかり分析したコメントを寄せることも。

 さらに、金子氏は「掛け合い最高ですね」というと、宮崎氏は「うちも負けてないです!」と言い出し、司会からも打ち合わせから盛り上がっていたと証言があったが、トークでも、その雰囲気そのままに金子氏が宮崎氏を「政治家から“詐欺師”になった」と言い出し、宮崎氏が「やめなさい!活字になっちゃうでしょ」と、まるで漫才のように笑いながらやりとりしたりと、仲は良さげといった感じで進行した。

 夫婦というポイントで本作を観ると、宮崎氏&金子氏ともに共感もあるそう。ミオンと金子氏の共通点へ宮崎氏は、「気が強くて正義感が強くて、とことんやってやるというのはそっくりです!許せないことがあると、徹底的で、悪く言えば根に持つ、良くいえばこだわりを持つと」と、歯に衣着せぬ発言で金子氏はひたすら苦笑いさせれば、逆に金子氏は、「非常に脇の甘さとかちょっと抜けているところは似てると。目上の人に怒ってしまうところがあって、そこはいまはひかえればいいのにと思うのですが、自分の正義感で動くというのはあります」と、止めたくなる瞬間があるそうだ。

 記者からは最近、以前の不倫騒動を武器にしているのではとの質問が飛び、「武器になっていますかね」と、宮崎氏。金子氏は、「このイベントのお話を頂いたときに、4年前のあの状況では、想像だにできませんでした。当時はどん底でしたから。まさか、こういう場で1つの作品を紹介できるということを私達が担えると思っていなかったので正直感慨深くて。最近ではTVのお仕事をさせて頂くようになって、まだまだとはいえ受け入れられてないというのは分かったうえで出ているんですけど、こういうPRの場に呼んでいただいということは、みそぎはみそぎでやっていますがなにか違うステージというか嬉しいです」と、しみじみ心境を。

 すると、宮崎氏は「とはいえ反省とみそぎは一緒だと思っています」と、戒めつつ、いま行っているみそぎへは、「家事をひたすらやっています。夜どれだけ遅く帰ってきても朝ごはんは私が作ります。一昨日も、お付き合いで午前4時に帰って2、3時間くらいしか寝れない状況でも、私に寄りかかって『ねえ、朝ごはん何を作ったらいいと思う?』と聞くんです。これは早く朝ごはん作ってというプレッシャーをかけてきているんです。それにも謙虚な姿勢で、きょうも私のみそぎが始まるんだなって……」と言いかけたところ、金子氏は驚きの表情を浮かべ「率先して喜んで作っていると思っていたのに!」と、まだまだ夫婦間でも分からないことがあるようだった。

 そんな宮崎氏は、昨年末から3年不倫騒動に揺れる俳優・東出昌大へ手紙をしたためたことでも話題となった。これに、宮崎氏は「あの報道を見たときに、4年前の自分を思い出したんです。(不倫)期間とかはなしとしたときに、状況で唯一違うところをいうと、私はこの人(金子氏)が味方してくれたんです。彼の場合は奥さんとほとんど会えてないと報じられていて、許してなくて味方じゃないという流れでいくと誰もいないわけです。あのときの気持ちが分かってあげらえるのは私くらいではないかと思って、肯定はしないけど、応援してあげたいかなと思って。もちろん、自業自得で身から出た錆ですけど、なんか男ってそんな馬鹿なところがあるじゃないですか。やっちゃったな馬鹿だな俺分かってたのにという部分を、だまっていられず送ったという感じです」と、説明。

 金子氏としてはその発言を受けて、「女性からするとどうあったとしても許せない人はいるので、いまここで気持ちは分かっても言わなくてもいいなと思うんですけど、そこもこの人の正義感というか、まっすぐで優しいところで、あのとき世界中が敵に回っても私だけは味方だよということを体現していて」と話していたが、宮崎氏は「相当安直ですけど、その声が届いているかなと」と、気持ちを伝えていた。

 東出の話題にとどまらず、鈴木杏樹と喜多村緑郎の不倫報道も尋ねてみると、宮崎氏は「あの人は性質が違います。別れる別れるといって女性を口説く人は私は軽蔑しています。それは詐欺師です。私は家庭を持っていますよと言いつつどーんと行くというのは男らしいと思いますので」と、持論でめった切りにし報道陣をあ然とさせる一幕もあった。

 ほかにも、宮崎氏へ俳優活動はどうかと水を向けると「だんだん捨てるものがなくなってきたので顔を作らなくてもよくなってきたので、それが意外と、ちょい役でもやらせてもらったり、時代劇で斬られる役でもいいのでやらせて頂きたいですね」と大いに乗り気で、金子氏は「もし俳優として出たら悪女としていじめる役で出たいです」と、チクリと話していた。

 韓国ドラマ『ダーリンは危機一髪!』DVD-SET1&レンタルDVDVol.1~6は、3月3日よりリリーススタート!

宮崎謙介氏 不倫報道でも応援する東出昌大とめった切りにした喜多村緑郎の違いとは?妻・金子恵美氏は「とはいえ受け入れられてないというのは分かったうえで出ている」1

宮崎謙介氏 不倫報道でも応援する東出昌大とめった切りにした喜多村緑郎の違いとは?妻・金子恵美氏は「とはいえ受け入れられてないというのは分かったうえで出ている」4

宮崎謙介氏 不倫報道でも応援する東出昌大とめった切りにした喜多村緑郎の違いとは?妻・金子恵美氏は「とはいえ受け入れられてないというのは分かったうえで出ている」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする