山崎賢人 主演作「劇場」初日で「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」2

 俳優・山崎賢人(25)が17日、東京・渋谷のユーロライブで主演映画『劇場』(監督:行定勲/配給:松竹 アニプレックス)初日リモート舞台あいさつイベントを行定監督(51)とともに開いた。

 『ピース』又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』の前に温めていた2作目となる作品。劇作家を目指し演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田(山崎)と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希(松岡茉優)の描いたストーリーとなっている。

 同所の上の階のユーロスペースに客を入れ、それをオンラインでつなぐという異例の舞台あいさつとなり、山崎は、「実際に間隔をあけて観に来ている状況なんだと感じました。こんななかでも足を運んで頂いてありがとうございます」と、集まってくれた観客へお礼を。

 本作は新型コロナウイルスの影響により公開が4月17日から延期され、約3ヶ月後の本日ついに封切りを迎えた。それだけに、山崎は「初めての形で挑戦なんですけど、感染症対策をして、『劇場』という作品は劇場で観てほしい作品なので、こういうふうにやっと初日が迎えられて嬉しく思います」と、万感といった様子。

 主人公の永田を演じてみての感想としては、「永田の人間としての弱さ、愚かさ、嫉妬心だったり、永田は劇作家で、僕は俳優という表現するということで、近いところがあって、普段自分が抱えているような感情がいっぱいあったんです。だから、台本を初めて読ませていただいたときに、やりたいシーンがいっぱいあって。人間って愚かな部分がたくさんがあると思うんですけど、ここまで愚かなものを出せる役というのがなかったので、永田の話が来て嬉しかったです」と、しみじみ。

 この永田というキャスティングをした行定監督は、実際に山﨑と打ち合わせをしたときのエピソードへ「ヒゲを伸ばせる?とか歯を黄ばませてくれと言ったら、『コーヒーいっぱい飲みます』と、ノリノリになってくれて。分かってるなと思って、それが面白くて(笑)。素直で、いい意味でイカれているんですよ。無自覚にいろんな表情するし、やってて面白かったですね。得体のしれない山﨑賢人がいて。それを披露できるのは嬉しいです」と、監督自身も楽しんでいた様子を伺わせていた。

 これに山崎は、「行定さんと一緒に映画を作る過程が本当に楽しくて。永田を作っていくうえで、仕草1つ1つを行定さんと作っていくのが本当に楽しかったです」と返し、笑みを見せ合っていた。

 イベント中には、この日登壇のなかった松岡茉優からVTRでメッセージが寄せられ画面内から山崎に語りかけるような、松岡の茶目っけあふれる一幕もあり、当の山崎は「茉優ちゃんが話しかけてきてくれてドキッとしました」と、苦笑い。

 その松岡について、山崎は「撮影前に茉優ちゃんが連絡をくださって、こういう作品で結末になるから、『どういう時期にどう思うとかいうことを話をしよう』と言ってくださって、本当に頼もしい同世代の女優さんだと思います。茉優ちゃんとほぼ同世代の芝居だたので本当に面白かったです」と、称賛していた。

 また、劇中で2人の同棲する部屋が1番安全な場所と聞いた永田が安心するというシーンがある。そこで、山崎にとって一番心地よい場所はどこかと質問が飛ぶと、「こういった自粛期間もあって、家が居心地いい場所になるように、さらに努力しました。家が一番落ち着けると一番いいのかなと思いました」とのこと。

 具体的に家を快適にするためにしたことは、「掃除と、カーテンの色を変えたり、植物を替えたり、外に出れない分自然を感じられるようにしたりとか。みなさんもそうされたんじゃないかと思います。それと、居心地のいい人といるというのがいい場所になればいいなと思います。2パターンあります」と、語っていた。

 そして山崎から「このような世の中で、劇場公開と同時に配信という形になったんですけど、こういう時期だからこそポジティブに考えていけたらいいなと思っています。この映画も永田と、沙希ちゃんのようにどうしょうもない時間とかがあるからこそ、人とは違う景色を見れていると思いますので、どうしょうもない時間も肯定できるきっかけになったらいいなと思います。自分の大切な人に対して、普段の自分はどうなのかというのを、観てくれたすべての人がいい未来に行けるようになったら嬉しいなと思います。きょうはこういう機会を頂けて嬉しかったです」と、手を振りその場を後にした。

 映画『劇場』は全国のミニシアターを中心に公開中!

 ※山崎の「崎」はたつさき

 ※関連記事
 ・山崎賢人 主演映画「劇場」は「絶対に永田をやりたいと思っていた」!松岡茉優驚嘆の台本4ページ分噛まずも寛一郎から「俺とのシーンはカミカミだった(笑)」

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」1

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」3

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」8

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」4

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」10

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」7

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」9

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」5

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」6

山崎賢人 主演作「劇場」へ「ここまで愚かなものを出せる役というのがなかった」としみじみ!行定勲監督からの評価は「素直でいい意味でイカれている」11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする