のん 林遣都の印象は「肌が白くて羨ましかった」!今冬公開予定の映画「私をくいとめて」初共演発表

のん 林遣都の印象は「肌が白くて羨ましかった」!今冬公開予定の映画「私をくいとめて」初共演発表3

 創作あーちすとで女優・のん(27)、俳優・林遣都(29)が今冬公開予定の映画『私をくいとめて』(監督・脚本:大九明子/配給:日活)で初共演を果たすことが22日、発表された。

 作家・綿矢りさ氏原作の同名小説を実写映画化。31歳のおひとりさまで脳内に相談役「A」のいる黒田みつ子(のん)が、みつ子は年下の営業マン多田くん(林)に恋をしてしまう。きっと多田くんと自分は両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、1歩前へふみだすことになるのだが……というあと1歩近づけないむずがゆい恋模様を描いたロマンスとなる。

 のんは本作の脚本を読んだときのことへ、「面白かった。楽しいセリフがさくさんで、シリアスなシーンでも皮肉なユーモアがにじんでいて、どうやって解釈しようか……と嬉しくてニヤニヤしながら読みました」と、一気にのめりこんだといい「一番胸を打たれたのは、この作品のテーマであり、みつ子が大切にしているおひとりさま。おひとりさまって、一つの生き方として結構普通になってきている気がします。脳内に相談役としてAの存在を作り出す事も、楽しく生きていけるならありだなって思える。世の中の幸せは多様化している、そんな風に感じました。触れられない相手と触れられる相手の間でどう揺れ動いていくか、演じていてとても楽しかったです。考えすぎて自分で行き詰まっていく不器用なみつ子が、とても愛おしい。早くみなさんに観ていただきたいです」と、みつ子に共感したそう。

 林は脚本を読んで「不器用な人間同士のピュアな心の模様を大九さんがどのような演出で繋げていくのか。あまり特徴が多いとは言えない自分の役どころにどのような膨らみが生まれるのか、楽しみな要素がたくさんありました。大九監督の人間の弱い部分に寄り添った心理描写、苦しいシーンもどこか温かく微笑ましい空間に変えてしまう演出をもっと味わいたいと思いながら気付いたら撮影を終えていました。完成を心待ちにしています」と、撮影での自身の気持ちの流れとともに語っている。

 なお、のんと林は本作で初共演。お互いの印象へ、のんは「肌が白くて羨ましかったです。羨ましすぎて、いつも以上に念入りにお肌のお手入れをしてました」という見た目とともに「林さんの役に対するアプローチも、とても魅力的だったので負けられない、と気合が入りました。あと、林さん直々に並んで買ってきてくださったおすすめのクッキーサンドを現場で配っていらっしゃって、すごく優しい方なんだなと思いました。クッキーサンド、美味しかったです」と、差し入れの思い出を。

 一方、林はのんへ、「お芝居をしてる時と普段のギャップが大きい方という印象でした」といい、「人との距離の縮め方がきっと自分に近く、短い撮影期間ではあまりお話することはできませんでしたが、お芝居をしている時は常に役を通してお互いの心を探り合い、心地良い会話をさせていただけたと思ってます。よーいスタートで目の色が変わり、極めて繊細な表情で相手を引き込む力がある方で、お芝居の中で驚かされた瞬間がさくさんありました。ご一緒できて楽しかったです」と、評している。

 また、大九監督ものん、林と初タッグ。2人の印象へのんへは「怒りの表現が見事で、あんなに柔らかい空気を漂わせていながら、内側に高温のマグマみたいなものを持ってる人だと思います。のんさんはいっぱい質問してくれます。その対話の中でこの映画の核を再確認できたように思います」とのこと。林へは、「以前からご一緒してみたかった方です。振り幅が素晴らしく、少し話すと芝居がどんどん変わるので、とても楽しかったです。急に変なことお願いしてもすぐに『はい』と言ってやってくださって素敵」と、監督の期待に次々と応えていった様子を伺わせた。

 映画『私をくいとめて』は今冬公開予定!

 ■スタッフ・キャスト
 ○監督・脚本:大九明子
 ○原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日新聞出版)
 ○出演:のん 林遣都ほか
 ○製作幹事・配給:日活
 ○制作プロダクション:RIKIプロジェクト
 ○企画協力:猿と蛇
 ○公式HP:kuitomete.jp
 ○公式twiter:@kuitometemovie

 (c)2020『私をくいとめて』製作委員会

のん 林遣都の印象は「肌が白くて羨ましかった」!今冬公開予定の映画「私をくいとめて」初共演発表1

「私をくいとめて」ティザー(みつ子)

のん 林遣都の印象は「肌が白くて羨ましかった」!今冬公開予定の映画「私をくいとめて」初共演発表2

「私をくいとめて」ティザー(多田くん)

のん 林遣都の印象は「肌が白くて羨ましかった」!今冬公開予定の映画「私をくいとめて」初共演発表4

「私をくいとめて」原作書影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする