香取慎吾 高いローラースケート技術で要求されるハードルUPの現場! サントリー天然水 スパークリングレモン新TVCMに登場

香取慎吾 高いローラースケート技術で要求されるハードルUPの現場! サントリー天然水 スパークリングレモン新TVCMに登場1

 『新しい地図』香取慎吾(43)が24日より全国オンエアされるサントリー天然水 スパークリングレモン新TVCM『レモスパっと!』篇に登場する。

 香取はサントリー天然水 スパークリングレモンのブランドキャラクターを務めていることから起用。今回のCMでは、都会の街を一人だけ滑らかにスイスイと進んでいく、黄色い鼻(スポンジボール)が目印となっており、「レモスパに、旬がきました」とカメラ目線でアピール。気持ちのいい青空の下で「レモスパ」をゴクゴク飲むシーン、「レモスパっといきましょう!」「青空はつくるもんだよ」というメッセージを通し、晴れない気分やストレスから明るく晴れやかな気分へと後押しする商品の魅力を伝える。

 開放的かつ自由な香取の魅力的なアクションに加えて、ローラースケートを着用して撮影したシーン、パッケージデザインをモチーフに、「レモスパ」の爽快感を表現した印象的なカットに仕上がっている。

 撮影では、都会の街のシーンにて、香取が滑るように人をかき分け進んでいく様子を撮影するために、ローラースケートを履き滑りながら撮影する演出が。ここでのアクションは、ある程度スピードを出しつつ、人と人との間をすり抜けるという、難しいスケーティング技術が求められるシーンとなる。その上、演出の都合で「手を動かさないで」「蹴り出しも最初の数回だけ」という制限があったものの、香取は難なく一発でクリア。監督の要求に完璧に応えた姿に驚いたローラースケート指導の先生が、「慣れていますね」と声を掛けると、香取さんは「いやいや」と謙遜しつつ、「ローラースケートは本格的にやったことがないので、見よう見まねの雰囲気だけでやっているんです」と明かし、これには指導の先生もビックリ。

 その高いローラースケート技術により、、監督の要求もますますハードルが上がり「蹴り出しのポイント」や「スピード感」、「物理法則を超越した存在のように進む雰囲気」など、ワンカットごとに微調整が加わり、気がつくと10テイク以上重ねる場面も。わずかに重心がずれてしまったシーンも、運動神経でリカバリーしたりしながら、細かく指定したこだわりの演出項目を全てクリアした15カット目に、監督が「今のめちゃくちゃ良かったです。バッチリ!素晴らしい!」とOKが出るものとなっていた。

 新TVCM『レモスパっと!』篇は15秒、30秒で24日より全国放送!なお、21日よりWEBにて先行公開もされている。

 ■サントリー天然水 スパークリングレモン『レモスパっと!』篇 15秒CM

 ■サントリー天然水 スパークリングレモン『レモスパっと!』篇 30秒CM

香取慎吾 高いローラースケート技術で要求されるハードルUPの現場! サントリー天然水 スパークリングレモン新TVCMに登場2

香取慎吾 高いローラースケート技術で要求されるハードルUPの現場! サントリー天然水 スパークリングレモン新TVCMに登場3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする