GACKT クリストファー・ノーラン監督作品「TENET テネット」1回観ても分からず必死になって「あまりにも悔しくてもう1回」!もし出演したら「吐きますよ」と言わしめる

GACKT クリストファー・ノーラン監督作品「TENET テネット」1回観ても分からず必死になって「あまりにも悔しくてもう1回」!もし出演したら「吐きますよ」と言わしめる6

 歌手で俳優・GACKT、タレント・LiLiCoが31日、東京・スペースFS汐留で映画『TENET テネット』ノーランを語ろう公開記念LIVE 配信イベントに登場した。

 これまでに『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』、『インターステラー』、『ダンケルク』といった話題作を次々世に送り出しているクリストファー・ノーラン監督作品。本作は第3次世界大戦を阻止するため時間のルールから脱出するというタイムサスペンスとなっており、物語のキーワードが“TENET テネット”となっている。

 まずは、ノーラン監督についてGACKTは、「1番は狂気の世界というか、突き詰める監督はいるんですけど、それを、ギリギリエンターテインメントまで落とし込んでくるのが素敵なんじゃないかなと思っています」と、解説。

 続けて『TENET テネット』作品について、「まったく分からなくて」と切り出したGACKTは「あまりにも悔しくてもう1回観させて頂いて、必死についていくんです。自分が必死についていってるんです。あまりにも概念が新しすぎて、頭の固い人にはすぐに受け入れられない部分があるんですよ。僕も頭が固い方なんだなって……。途中でわからなくなるところがあるんですよ。それでも、後半に行くほどつながってくるんです。2回目を別日に観たときに、ああそういうことかということが、たくさんあって、2回目の気づきにすごく感動しましたね。こういう感動の仕方があるんだって思いましたね」と、熱弁を振るい相当にのめり込んだ様子。

 さらに、「理解しよう、理解しようと自分のなかで一生懸命になるんですけど、映画の中でいろんなキャラクターが出てくるんですけど、途中、『頭で考えなくていいの』と言うセリフがあってそれは自分にも当てはまるなと。計算はされていますけど、感覚的に作られているので、どれくらいの人がこの映画1回目からついていけるのかなと思いますね」と、これから体験する方々へ、感じていることを語った。

 本作のアクションシーンについて、GACKTは逆行と順行という言葉を組み合わせて話し、「1回目に観たときにアクションはすごく気持ち悪い感じがするんです。2回目観たときに、最初からどっちからみても成立するように作られていて」と、不思議な体験だったといい、もし本作をオファーされていたらという問いかけには「これオーダーされたら吐きますよ。相当嫌だろうなと思います」と、言わしめるほどだった。

 イベントには49人のオンライン参加のファンが参加するものとなり、さまざまな質問が寄せられそのなかで本作内の主人公とその相棒のような関係の人はいないかとの問いかけに、GACKTは、「年齢は離れてますけど、うちの会長がいまの僕にとっては、パートナーなのかなって。つらい時期も一緒に乗り越えてきたというのもありますし、パートナーです。くだらないことからシリアスなことまで話せて、年が離れているので先輩と後輩の関係なんですけど、兄弟みたいな感じですね」と、話していた。

 そしてGACKTから「1回目でどれくらい理解して、作品に込められたメッセージが理解できるのかなというのは興味があります。これはこうだと思った方は、僕のインスタのダイレクトメッセージで頂ければ、僕も非常に腑に落ちるのではと思います。ぜひインスタにメッセージをください。謎がいっぱいあるので、1つ1つ解き明かして貰えればいいなと思います」と、メッセージを寄せていた。

 映画『TENET テネット』は9月18日より全国ロードショー予定!

 ■GACKT出演のスペシャル予告

GACKT クリストファー・ノーラン監督作品「TENET テネット」1回観ても分からず必死になって「あまりにも悔しくてもう1回」!もし出演したら「吐きますよ」と言わしめる3

GACKT クリストファー・ノーラン監督作品「TENET テネット」1回観ても分からず必死になって「あまりにも悔しくてもう1回」!もし出演したら「吐きますよ」と言わしめる5

GACKT クリストファー・ノーラン監督作品「TENET テネット」1回観ても分からず必死になって「あまりにも悔しくてもう1回」!もし出演したら「吐きますよ」と言わしめる2

GACKT クリストファー・ノーラン監督作品「TENET テネット」1回観ても分からず必死になって「あまりにも悔しくてもう1回」!もし出演したら「吐きますよ」と言わしめる4

パンチして時間逆行のことを説明する一幕も

GACKT クリストファー・ノーラン監督作品「TENET テネット」1回観ても分からず必死になって「あまりにも悔しくてもう1回」!もし出演したら「吐きますよ」と言わしめる1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする