片岡愛之助 イベント衣装に用意されるのは「半沢直樹」の黒崎風ばかり!?ぽすくまに「食べたい……?だめっ」といたずらっ子のような笑みも

片岡愛之助 イベント衣装に用意されるのは「半沢直樹」の黒崎風ばかり!?ぽすくまに「食べたい……?だめっ」といたずらっ子のような笑みも6

 “ラブリン”の愛称でも親しまれる歌舞伎俳優・片岡愛之助(48)が9日、東京・ロイヤルガーデンカフェ青山で『ぽすくまのおきにいり~期間限定カフェ~』オープン記念イベントに登場した。

 日本郵便ど同店がコラボレーション!日本郵便のキャラクター・ぽすくまをモチーフとしたコラボカフェが8日から11日まで期間限定で展開するというもの。

 マスク姿にスーツで現れた愛之助。実はそのマスクにぽすくまがいたり、ピンバッチ、ネクタイ、時計にもぽすくまが入るものとなり、「僕がつけて可愛いかわからないですけど、よく見るとぽすくまで。結構気に入っております」と、ぽすくまづくしな姿にニッコリ。

 本日のようなスーツ衣装について、先月まで放送されていたドラマ『半沢直樹』(TBS系)で自身が演じた黒崎役のようだと司会からいわれ「グレーのスーツに赤いネクタイってあの役柄に似てますけど、どこ行ってもこの衣装が用意されていて(苦笑)」と、最近の現状を明かしつつ、仕事の近況について「1つ1つ終わっていく感じもしていて。映画も撮り取りながら半沢も撮りながら舞台も進んでいたのですが、きのうも1つクランクアップして、落ち着いた感じですね」と、ちょうど一段落ついたタイミングなことを明かしていた。

 カフェタイトルの“おきにいり”にかけ愛之助のおきにいりの私物を披露するコーナーも開催。すると愛之助は、新型コロナウイルスの影響によるステイホーム中に彫って作ったという落款を取り出し「名前を彫るより、文字の周りを彫るのが通と言われたのですが、時間もある感じなので挑戦してみようと」と、作業に没頭したという思い出を。その落款を期間限定販売のぽすくまのはがきに押すこととなり、司会がその落款を褒めまくったため、「ハードル上げられると……」と、苦笑いだった。

 トークでは、自身の大切にしている言葉を問われ「一期一会です」と話す愛之助。「お客様とはその日その日の一期一会じゃないですか。その瞬間、瞬間を大事にして組み立てていくことですかね。歌舞伎もメンバーによって全く違うもんになりますから。そういうことを大切に生きていってます。あとはご縁ですかね。のちのちにつながっていくので」と、しみじみだった。

 さらに、自身の仕事術も明かし、「現場の近くに2時間前に入って、近くのカフェでお茶をするのが好きなんです。早めに現場に行ってお茶に行ってリセットする。きょうの先々のことを考えているというのは僕の中で大事なモチベーションを保つ、1つになってますね」と話す。そこで、喫茶店にいたら人に見つかって大変なのでは?との質問も飛んだが、「アイドルでもなんでもないから、そんなに大騒ぎにはなりませんから(笑)。もちろん、サインとか写真とかは言ってもらえれば撮って頂いてます」と、しっかり対応している様子も窺わせた。

 イベント後半には、日本郵便切手デザイナー氏の中丸ひとみ氏が描く、世界に1点しかない愛之助とぽすくまのオリジナル似顔絵イラストもプレゼントされたり、コラボカフェメニューを試食して舌鼓を打ちつつ、食べたそうにするぽすくまに「食べたい……?だめっ」と、いたずらっ子のような笑みを浮かべる和気あいあいな一幕もあった。

 

片岡愛之助 イベント衣装に用意されるのは「半沢直樹」の黒崎風ばかり!?ぽすくまに「食べたい……?だめっ」といたずらっ子のような笑みも2

落款を披露

片岡愛之助 イベント衣装に用意されるのは「半沢直樹」の黒崎風ばかり!?ぽすくまに「食べたい……?だめっ」といたずらっ子のような笑みも3

「食べたい?」

片岡愛之助 イベント衣装に用意されるのは「半沢直樹」の黒崎風ばかり!?ぽすくまに「食べたい……?だめっ」といたずらっ子のような笑みも1

片岡愛之助 イベント衣装に用意されるのは「半沢直樹」の黒崎風ばかり!?ぽすくまに「食べたい……?だめっ」といたずらっ子のような笑みも5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする