吉沢亮“勝負服”でお正月舞台あいさつ開催も「僕としてはダボッとした服が好きでオシャレと思って着ているのに……」と、ボヤキ!元旦の過ごし方や紅白歌合戦を回想

吉沢亮“勝負服”でお正月舞台あいさつ開催も「僕としてはダボッとした服が好きでオシャレと思って着ているのに……」と、ボヤキ!元旦の過ごし方や紅白歌合戦を回想3

 俳優・吉沢亮(26)が2日、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で映画『AWAKE』(監督:山田篤宏/配給:キノフィルムズ)お正月舞台あいさつを山田監督とともに開いた。

 河瀨直美監督を審査員長を務め、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中からグランプリに選ばれた作品が映画化。2015年に実際に行われ、当時、ネットユーザーや将棋ファンの間でかなりの物議を醸した棋士VSコンピュータの対局に着想を得て、山田監督が書き下ろした完全オリジナルストーリー。天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた主人公・英一が冴えない大学生活を送っていたある日、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす青春物語となる。共演は、若葉竜也、落合モトキ、寛一郎、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まことという布陣となっている。

 お正月ということで吉沢も山田監督も棋士の勝負服・和装で登場。全国16ヶ所の劇場に配信をつないでのものとなった。

 まずは、昨年大晦日に行われた『第71回NHK紅白歌合戦』でゲスト審査員を務めたということでその感想を尋ねると吉沢は、「大変でした!ただ座っているだけでも疲れるんだとビビりました」と、大役に緊張したよう。例年とは違いリモート形式での参加となったが「リモートなので気を抜くと紅白に出ていることを忘れる。家で紅白を観ている感覚になってしまう」と明かし、笑いを誘った。

 この日の舞台あいさつは、事前にTwitterにて募集した一般の観客からの質問に対して吉沢と山田監督が答えるQ&A形式で進行。“本作『AWAKE』はこれからの長い人生においてどのような意味合いを持つ作品になりそうか”といった質問について吉沢は「これまでの出演作品の中でもとくに好きな作品です。普段はあまり自分の出ている作品を観返すことはないけれど、これは観返しそう。何度も観たくなる作品」と相当なお気に入りの作品になったことを窺わせる。

 AI将棋にすべてを賭ける英一を演じるために、寝る前にカップラーメンを食べるなど体重増量の役作りを行ったという吉沢。「撮影中は太ろうとして米や炭水化物ばかりを食べていました。とにかくパンパンにむくんでやろうと思った」と、回想。現在はシュッとした細身に戻ったようにも見えるのだが「きょうもちょっと……。昨日は昼間からアニメを観てお酒を飲んでいました。解放されたので……」と、寝正月を楽しんでいたそうだ。

 英一の少年期を演じた子役の梅谷祐成(うめやひろなり)について吉沢は「将棋もうまいし、喋り方も言葉遣いもしっかりしている。そして芝居も素晴らしい。天才だと思った!」と太鼓判で「僕にも雰囲気が似ているし、今まで僕の少年期を演じた子役の中でもかなり雰囲気の近い子でした」と、評していた。

 SNSなどでは、英一の“冴えない衣装”についての感想が多かったという。衣装選びのこだわりについて吉沢は「凄く楽しかったですね。監督含めみんなで話し合いながら選びました。その点では山田監督のこだわりも強かったから」というと、山田監督は「それは吉沢さんが着こなすから……」と、冴えない衣装も吉沢のセンスでよく見えてしまったと苦笑い。

 しかし当の吉沢は、ファッションセンスにコンプレックスがあるそうで「私服のセンスについては『冴えない』といまだに言われる。週刊誌にラーメンを食べている姿を撮られた際も不評でした。僕としてはダボッとした服が好きでオシャレと思って着ているのに、若い女性にはダボッとした服はあまりウケない」と、自身がしたい格好と評価される格好は違うとボヤくことも。そこで、客席のファンに向けて「あれはオシャレなんです!みなさんのセンスが僕に追いついていないんです!」と、強気な言い方で会場を楽しませていた。

 最後に山田監督は「2021年も上映が続きますので、周りの方々に勧めていただき、より多くの方々に観てもらいたい」とアピール。そして吉沢は「日本の美しい文化を新年の始まりに観て感じるのはとてもいいタイミング。感染予防に気をつけていただいたうえで、ぜひ作品を観ていただき、広げてほしいです」と、さらなる大ヒットに期待を込めていた。

 映画『AWAKE』は新宿武蔵野館ほか全国ロードショー中!

 ※関連記事
 ・吉沢亮 山田篤宏監督からの「下手やなやつは選んでない」に口元緩ませ手応えのほほ笑み!主演作へ声のトーンをかるーい感じな「おります」でアピールのお茶目な瞬間も
 ・吉沢亮 自分を将棋でたとえると「まぁ、王様かな!」と言いつつ照れ笑い!主演作「AWAKE」公開日にインタ映像解禁
 ・吉沢亮 主演映画「AWAKE」キャラクターの特別映像公開!動きが少ない芝居の中で複雑な感情の変化を表現しその演技力の底知れなさ
 ・吉沢亮 二面性“疑惑”問い詰められ「どっちも本当なんですよ!」に若葉竜也&落合モトキから「ずるいよ」!壁を乗り越える方法は「メチャクチャネガティブになる」【ロングめレポ】
 ・吉沢亮 主演映画「AWAKE」“将棋の日”で将棋小ネタとともに場面写真解禁!ひたむき姿や若葉竜也スポーツ紙に掲載姿なども
 ・吉沢亮 12月公開予定の映画「AWAKE」主演発表!「個人的に今まで出演した作品の中で1番好き」と惚れ込む姿も
 ・吉沢亮 猫背で地味な見た目に「どん底から目覚めた僕が見つけた、最高の悦び」!主演映画「AWAKE」12月25日より公開でポスタービジュアル公開や歌広場淳など著名人もコメント
 ・吉沢亮 怒りと焦りによって大きく取り乱す姿や絶妙な表情も!主演映画「AWAKE」予告編解禁

 ※記事内画像は(c)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ

吉沢亮“勝負服”でお正月舞台あいさつ開催も「僕としてはダボッとした服が好きでオシャレと思って着ているのに……」と、ボヤキ!元旦の過ごし方や紅白歌合戦を回想2

吉沢亮“勝負服”でお正月舞台あいさつ開催も「僕としてはダボッとした服が好きでオシャレと思って着ているのに……」と、ボヤキ!元旦の過ごし方や紅白歌合戦を回想1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする