眞鍋かをり故郷の愛媛・西条市を熱弁!西条まつりは「オールナイトで行ってました」

眞鍋かをり故郷の愛媛・西条市を熱弁!西条まつりは「オールナイトで行ってました」2

 タレント・眞鍋かをり(40)が9日、東京ドームで開催された『ふるさと祭り東京2021オンライン-日本のまつり・故郷の味-』内で『きっと住みたい西条市』トークコーナーに登場した。

 毎年恒例の人気イベント『ふるさと祭り東京-日本のまつり・故郷の味-』が、新型コロナウイルス感染症の影響により中止に。そこで、オンラインのイベントとして展開し、隣の東京ドームホテルでは全国ご当地どんぶり選手権の人気メニューをはじめとしたグルメが集結しビュッフェ形式で楽しめる『全国ご当地グルメフェア~ふるさと祭り東京 presents~』にて、その味も楽しめるものとなる。眞鍋は愛媛・西条市の『LOVE SAIJO応援大使』を務めていることからゲストとなった。

 DJ KOO、お笑いコンビ『イワイガワ』、フジテレビの堤礼実アナウンサーがメインMCを務めるなか、演台に立った眞鍋。西条市で育った眞鍋は「街の雰囲気がいいんですよ。旧西条藩のお城があって、お城の門が学校の門になっているんです。それを毎日くぐっていけるというのは思い出です」と、幼少の頃の思い出を引き合いに魅力を語ったり、「おいしいとこ取りの街で、海と山の近いですし、教育が充実してるんです。学校では、電子黒板を使って授業しているところもあって、子育て支援もしています」と、街が重点を置いているポイントも話していた。

 イベントでは、同市の目玉イベントの1つでだんじりなどもめぐる、西条まつりを紹介の動画が流されることに。眞鍋によると、同市民の西条まつりへの熱の入りようは相当なものだそうで、期間中は学校も休みになるうえ「西条まつりDVDが毎年売れているんです!私も毎年行っていました。3日間あるんですけどオールナイトで行ってました。3日間徹夜で楽しむんです」など、相当な熱気を窺わせていた。

 トーク後半は、眞鍋おすすめのみかんのブランド『紅まどんな』や、青のりを使った『ていずいロール』、名水を使用した『甘酒アイス』をメインMCの4人へ振る舞い、4人も食べるごとに、大喜びだった。

眞鍋かをり故郷の愛媛・西条市を熱弁!西条まつりは「オールナイトで行ってました」3

眞鍋かをり故郷の愛媛・西条市を熱弁!西条まつりは「オールナイトで行ってました」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする