斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?6

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!

 俳優・高橋一生(36)、女優・神野三鈴(51)、『ラバーガール』大水洋介(34)、齊藤工監督(36)、ドラマーの金子ノブアキ(36)が16日、東京・浅草公会堂で映画『blank13』(クロックワークス)ティーチインを開いた。

 15日から18日まで4日間開催されている“したコメ”こと『第10回したまちコメディ映画祭in台東』オープニング作品となっている。突然失踪した父の空白の13年間が父の死後に埋まっていく家族の物語を描いた。俳優・斎藤工が“齊藤工”名義で手がけた長編作品としても話題で、高橋が主演を務めた。したコメオープニングセレモニーでは本作が『第15回ウラジオストク国際映画祭コンペティション部門』で高橋とリリー・フランキーがベストアクターに輝いたことが発表されていた。

 齊藤監督は、本作が実話を元に作られた話だけに、「話を聞いて、心当たりのある作品だなと思ったんです」と、琴線に触れるものがあったことがきっかけになったそう。

 観客からはロケハンのことや、キャスティングのことなどを話しつつ、その中で盛大なお葬式をしてもらえるような名士と、数は少なくても自分の近しい人がやってくる葬儀のどちらがいいかと質問が。

 これに金子は両親は音楽家ながら実家は葬儀屋であることを明かし、いろんな葬儀を観てきたという観点から、「人の価値はそこで決まらないですけど、どっちかというと、リリーさんみたく大事な人が来てくれるのがいいのかな……決めらんねぇ」と、しみじみ。

 高橋も、「どうしても比べてしまうんですけど、自分の人生をまず自分が肯定しないと、始まらないと思うんです。まず自分の庭を綺麗にしようというのは『blank13』には入っていると思います。規模が大きいとかだけじゃなくて、そこにどれだけ思ってくれる人がいるかというのが大事なので、僕は甲乙つけがたいです」と、意見を述べ、齊藤監督は、「葬儀を盛り上げるという人という職業もあるんです。それで、来ている人はどう考えているんだろうというのを描きたかったのがこの作品なんです」と、テーマにも触れて説明していた。

 イベントには高橋演じた主人公の子供時代を演じた子役の大西利空、さらには、齊藤監督が「友人枠というか、精神的に刺激をもらっている日本映画の救世主」と、報道陣にもサプライズだった俳優・山田孝之を呼び込み、これには場内も沸き返ることに。

 山田は本作には関係ないそうだが、齊藤監督が2週間前に声をかけてやってきたそうで、山田は「『お元気ですか?』とメッセージが来て、16日とかどうですかって。みんな居るんだったら行っちゃおうかなって」と、照れくさげに話しつつ、齊藤監督とガッチリ握手し、盛り上げに一役買うことに。しかも齊藤監督は「山田さん映画もプロデュースされているので、本当におもしろくて……いつか孝之さんと一生さんとかって最高じゃないですか」と、2人の共演を期待させるようなコメントも残し、さらに場内は沸き返っていた。

 最後に齊藤監督から、日本の映画興行が初日2日間でいろいろと規模が決まってしまう風習には乗らず、「低空でも飛行し続けていくスタイルを目指していますので、みなさんで育てていってもらえたら」と、呼びかけその場を後にしていた。

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?2

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?5

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?7

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?4

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?3

斎藤工「blank13」ティーチインで山田孝之呼び込むサプライズに会場騒然!高橋一生との共演構想も!?1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする