渋谷慶一郎氏 草なぎ剛主演映画「ミッドナイトスワン」のために書き下ろした楽曲「Midnight Swan」をYou Tubeで披露!映画の世界観にも寄りそうような映像に

渋谷慶一郎氏 草なぎ剛主演映画「ミッドナイトスワン」のために書き下ろした楽曲「Midnight Swan」をYou Tubeで披露!映画の世界観にも寄りそうような映像に2

 音楽アーティスト・渋谷慶一郎氏(47)が『新しい地図』草なぎ剛主演の映画『ミッドナイトスワン』(監督:内田英治/配給:キノフィルムズ)のために書き下ろしたメインテーマ『Midnight Swan』をYou Tubeチャンネル『blackboard』で披露していることが19日、分かった。

 『ミッドナイトスワン』は、草なぎ演じる新宿の街で生きるトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)と、親から愛を注がれることなくネグレクトされ生きてきた中学2年生の少女・一果(いちか)の間に芽生える“切なくも美しい現代の愛の形”を描く“疑似母子”のオリジナルラブストーリー作品となっている。

 公開直後から映画ファン・映画業界から高い評価の声があがり、『第44回 日本アカデミー賞』では8部門の優秀賞と新人俳優賞を受賞するとともに、今月17日に開催された『第75回毎日映画コンクール』でも『TSUTAYAプレミアム映画ファン賞2020 日本映画部門』を受賞。渋谷氏も同コンクールで『音楽賞』を受賞し表彰を受けた。

 今回楽曲を披露した『blackboard』は、大きな黒板を前にアーティストが先生となり、楽曲を教科書として「歌に込められたメッセージ」を視聴者に伝えにきてくれることをコンセプトとしたYouTubeチャンネルとなる。「もしもあのアーティストが自分の学校の先生だったら…」「もしもあのアーティストが自分の教室で歌を歌ってくれたら・・・」、そんな夢が叶うだけでなく、楽曲を歌い終わったあと、チョークで書かれた黒板の歌詞を消すシーンも印象的なものとなる。

 今回はピアノソロのため、黒板に描かれるのは歌詞ではなく、渋谷氏が11年ぶりにリリースしたピアノソロアルバム『ATAK024 Midnight Swan』のジャケットがチョークで描かれていることが特徴。同アルバムは、映画『ミッドナイト・スワン』のために書き下ろしたサウンドトラック全14曲をピアノソロ楽曲として再構成されていて、映画同様にロングヒットを記録しており、映画の世界観にも寄りそうような映像に仕上がっている。

 ■渋谷慶一郎「Midnight Swan (blackboard version)」URL
 https://youtu.be/5PoZOeDH1vY

 ※関連記事
 ・渋谷慶一郎氏「ミッドナイトスワン」作曲時が「懐かしいです」と回想!「第75回毎日映画コンクール」表彰式で「日本の映画の音楽の作り方」への思いも披露
 ・「ミッドナイトスワン」が「第75回毎日映画コンクール」TSUTAYA プレミアム映画ファン賞受賞に森谷雄プロデューサー 内田英治監督手紙代読で「みなさまに心から感謝」
 ・草なぎ剛主演作「ミッドナイトスワン」で「第44回 日本アカデミー賞」優秀主演男優賞受賞!作品賞や内田英治監督が優秀監督賞&優秀脚本賞W受賞など数々の賞を受賞
 ・草なぎ剛「ミッドナイトスワン」脚本読んで涙し「なんで泣いているのか分からなかった」を演技で表現!サントラ驚異の売上で渋谷慶一郎氏もCD梱包エピソードの裏話【ロング目レポ】
 ・草なぎ剛「ミッドナイトスワン」脚本読んで涙し「なんで泣いているのか分からなかった」を演技で表現!サントラ驚異の売上で渋谷慶一郎氏もCD梱包エピソードの裏話【ロング目レポ】
 ・草なぎ剛&内田英治監督&音楽担当の渋谷慶一郎氏が11月29日に2度目となる映画「ミッドナイトスワン」舞台挨拶開催へ!香港でも2021年公開決定
 ・草なぎ剛主演映画「ミッドナイトスワン」が台湾で「午夜天鵝」として大晦日より公開で「大変うれしく」!急遽発表となった背景とは?

渋谷慶一郎氏 草なぎ剛主演映画「ミッドナイトスワン」のために書き下ろした楽曲「Midnight Swan」をYou Tubeで披露!映画の世界観にも寄りそうような映像に1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする