岡田准一「ザ・ファブル」×ひらかたパークコラボも新しいパターンを無理やりやろうとした苦肉の策!?“苦し紛れで時空を越えるな!”なポスターお披露目

岡田准一「ザ・ファブル」×ひらかたパークコラボも新しいパターンを無理やりやろうとした苦肉の策!?“苦し紛れで時空を越えるな!”なポスターお披露目1

 アイドルグループ『V6』岡田准一主演の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(監督:江口カン/配給:松竹)が大阪・枚方のひらかたパークとコラボすることが11日、発表となった。

 本作は漫画家・南勝久氏原作で累計800万部の人気を誇るコミック『ザ・ファブル』が原作。どんな相手も6秒以内に仕留める伝説の殺し屋“ファブル”(岡田)が、ボス(佐藤浩市)からの指令で、「1年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられ、佐藤アキラという偽名で、相棒・ヨウコ(木村文乃)とともに一般人のフリをして暮らそうとするも、やはり起こってしまう大騒動を描いている。

 岡田といえば、『ひらかたパーク』の“超ひらパー兄さん 園長”としてPRに以前から尽力。さらに、これまで岡田主演の映画公開に合わせコラボが実施されている。完成したポスターは、「ザ・イレカワル」と題して、映画タイトルとビジュアルをパロディ化したもの。佐藤アキラと岡田園長の身に起きた不思議な現象が生じている。この現象の真の原因は、新しいパターンを無理やりやろうとした苦肉の策……、苦し紛れで時空を越えるな!

 このポスターはひらかたパークWEBサイト特設ページ(http://www.hirakatapark.co.jp/the-fable-movie2021/)にて、5月11日から9月12日まで掲載も予定している。

 ※ひらかたパーク過去関連記事
 ・“超ひらパー兄さん”岡田准一と関西ジャニーズJr.・伊藤翔真&伊藤篤志がひらかたパーク新CMに登場!『いろはかるた』を読み上げ実践
 ・岡田准一“超ひらパー兄さん”園長が伊藤翔真&伊藤篤志“ちび園長”たちの卒業見守る!卒業証書を入れる巨大筒も登場
 ・山崎賢人「ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出」会見を東京ドームシティで開催!「山田孝之さんが得意そう」とオススメも

 ※記事内画像は(c)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする