木村拓哉 日本マクドナルド創業50周年キャンペーンイメージキャラクターに!新TVCMにも登場で七五三写真や「すごく満たされたい人は、一度体験して」と言わしめたものとは?

木村拓哉 日本マクドナルド創業50周年キャンペーンイメージキャラクターに!新TVCMにも登場で七五三写真や「すごく満たされたい人は、一度体験して」と言わしめたものとは?2

 俳優・木村拓哉が日本マクドナルド株式会社の創業50周年キャンペーンのイメージキャラクターに就任し、15日から放送される新TVCM『50周年ブランドストーリー』篇と22日からの『スマイルのリレー 50周年バーガー』篇に登場することが14日、発表となった

 『50周年ブランドストーリー』篇では、日本マクドナルドが、1971年7月20日に第1号店をオープンした銀座三越が舞台。その場所で、木村が空を見上げると、数々の写真が舞い降りてくる。手を伸ばしその1枚を取ると、それはオープン当時の第1号店の写真だった。続いて、この50年間の各時代をモチーフとした、マクドナルドの商品とともに笑顔を見せるお客様の写真が次々と映し出されていく。その笑顔につられて木村も笑顔が浮かび、「スマイルってまわりの人を楽しい気分にさせたり、優しい気持ちにさせる」「あったかいスマイルを受け取ると自分もスマイルになって、すごく幸せな気持ちになる」と語り、「そのスマイルはまた人から人へと伝わる」「スマイルのリレーは続く。未来へ」という言葉とともに、銀座の街に舞い降りた写真は、空に向けて舞い上がる。50周年記念の期間限定商品や商品パッケージに、「ビッグスマイル。50周年、思い出のメニューが続々」という木村の声が重なる。舞い降りる写真の中から最後に木村さんが取った1枚は、木村自身の子供のころの写真。木村はそれに照れくさそうな表情をして、スーツのポケットにしまう。

 『スマイルのリレー 50周年バーガー』篇では、キャンペーン期間中に展開する『ジューシーチキン 赤とうがらし』『テキサスバーガー2021』『トリチ(トリプルチーズバーガー)』の3商品をアピールするもの。日本マクドナルドが創業して以来の50年間の各時代をモチーフに、マクドナルドの商品とともに笑顔を見せるお客らの写真が、ひらひらと空から舞い降りてくる。その1枚を手に取り笑顔になる木村の姿に、「この50年、いくつのスマイルが生まれだろう」と木村のナレーションが重なる。

 続いて、親子がベンチで『トリチ』を食べるシーン、職場で先輩が新入社員に『テキサスバーガー』を差し入れするシーン、気落ちした男性に女性が『ジューシーチキン 赤とうがらし』を渡し元気を取り戻すシーンが次々映し出されていく。懐かしい気分になるようなそれらの場面に、「そのトリチは、彼の父を笑顔にした」「そのテキサスバーガーは、新入社員を笑顔にした」「そのジューシーチキン赤とうがらしは、2人を笑顔にした」と、木村のナレーションが流れる。そして、再び木村が登場し、写真が降り続ける空を見上げ、「その笑顔はきっと未来へ続いていく」という木村のナレーションとともに、キャッチコピー『スマイルのリレーは続く』のテロップが。最後に、復活登場する3商品が映し出され、「50周年で、人気のバーガー復活」と告知する。

 CMの最後のシーンで木村がキャッチする写真は、自身が幼い頃に撮影した七五三の思い出の写真。この写真を小道具として手渡された木村は、子どもの頃を振り返りながらクスりと笑顔が浮かぶ一幕も。ほかにも、『トリチ』の撮影の際には、それまで両手を使っていた持ち方を、木村得意の“あの”片手持ちに自らチェンジしたりと、視線を釘付けにしていた。

 撮影後に木村へインタビューが行われた。以下、全文。

 ――マクドナルドのイメージキャラクターを務められて1年と半年ほどですが、振り返ってみていかがですか?
 木村:自分が子どものころから街の中にあってくれたお店だし、自分が小さいころからきょうに至るまで食してきたものなので、広告に参加できると聞いた時は、やっぱり嬉しかったです。単純に広告に参加しているだけではないというモチベーションというか、勝手ながら知り合いになれた感覚になれるんです。

 ――マクドナルド50周年キャンペーンの CM にご出演した感想をお聞かせください。
 木村:(日本のマクドナルドの)1号店の写真をCM撮影でも使わせてもらったんですけど、歳が近いだけあって関係性も深いというか、作ったCMもすごく感慨深いものになってますね。小学生のころのボクが今の自分を知ったら、相当びっくりすると思います。

 ――マクドナルド50周年のテーマは『SMILEのリレーは続く』です。CMでは、各世代の写真とともにマクドナルドの歴史を振り返っていますが、木村さんとマクドナルドの思い出を教えてください。
 木村:学生時代はやっぱり欲していたし、すっげ~食べたのを覚えてますね。15、16、17歳あたりはもう、かなりお世話になってます!今はちょっと……店舗にお邪魔した時の微妙な空気感が……。『あ、自分で来るんだ?』みたいな(笑)。クルーのみなさんと目が合った瞬間の『何になさいますか?』という直前の、『本当に来るんだ?』っていう感じはありますね(笑)。

 ――50周年記念商品「ジューシーチキン 赤とうがらし」を食べた感想をお聞かせください。
 木村:チキンは、びっくりするくらい柔らかいです!ネーミングのまんまで、本当にジューシーです。赤とうがらしをふんだんに使っているので、とうがらしの辛さがちゃんと来ますね。女性が好きかも、辛いものが好きな方は!

 ――50周年記念商品「テキサスバーガー2021」を食べた感想をお聞かせください。
 木村:マクドナルドのマジックかもしれません。まずオーダーする時に一度、その商品名を発するじゃないですか。そうすると、メニューをオーダーした時に自分に責任がひとつ生まれるんです。商品が来るとクルーの方が名前を言うので、そうすると2回目を聞きますよね。次は食べる時、包装紙に書いてあるじゃないですか。3回くらい認知をした上で食べるので、どこか“マクドナルドマジック”にかかってるんですよ……テキサス感という(笑)。

 ――50周年記念商品「トリチ(トリプルチーズバーガー)」を食べた感想をお聞かせください。
 木村:誰の要望に応えたんだろう?って(笑)。誰の夢を叶えたんだ?っていう、ワンパク感がありましたね。ダブチの親戚っぽいんですけど、実は全然親戚じゃないんですよ。“トリチ”ですからね。パティの量がすごいので、肉食になった感じがしますね。あと、すごく満たされたい人は、一度体験してほしいと思います。

 TVCM『50周年ブランドストーリー』篇は60秒で15日から、『スマイルのリレー 50周年バーガー』篇は30秒で22日から全国放送予定!

 ※木村拓哉の日本マクドナルドCM過去関連記事
 ・木村拓哉出演の日本マクドナルドのCMシリーズが「第58回ギャラクシー賞」CM部門で選奨受賞!「窮地を脱する展開が楽しい」
 ・木村拓哉 柴田理恵&光浦靖子から「モテるでしょ」「ご結婚は?」など話しかけられまくる!「定番商品にしてほしいわ~」と語ったメニューとは2021年3月1日
 ・木村拓哉マクドナルド「ヤベエよ、ダブチ!」シリーズCM5篇に登場!撮影後に「辛いけど美味いな。あ、これハラペーニョだな……」と思わず分析【CM5篇ストーリー全掲載】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする