佐藤健と大友啓史監督が選んだ「るろうに剣心」未発表ビジュアルが最後の入場者プレゼントに!「直感的にこれが1番といいなと思いました」

佐藤健と大友啓史監督が選んだ「るろうに剣心」未発表ビジュアルが最後の入場者プレゼントに!「直感的にこれが1番といいなと思いました」1

 俳優・佐藤健(31)が主演している映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(監督:大友啓史/配給:ワーナー・ブラザース映画)。本作の22日からの最後の入場者プレゼントが未発表ビジュアルが収められたミニポスターとなることが16日、発表となった。

 漫画家・和月伸宏氏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』シリーズが原作。動乱の幕末。緋村剣心が、倒幕派・長州藩のリーダー桂小五郎のもと暗殺者として暗躍し、血も涙もない最強の人斬り・緋村抜刀斎と恐れられていた時代が舞台。これまでのシリーズの“流浪人”である剣心の優しいイメージとは違った、剣心の原点を描いた作品だ。

 全国の劇場(※一部劇場を除く)にて『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の両作品でオリジナルミニポスターが配布される。

 この入場者プレゼントは、主演の緋村剣心を演じた佐藤健と大友監督による直筆メッセージ入りで、未発表のビジュアルと、10年間剣心とともに戦い抜いた神谷道場のメンバーのビジュアル、そして佐藤と大友監督による直筆メッセージ姿が収められた両面のミニポスターとなっている。直筆メッセージの詳細は明かされておらず、佐藤と大友監督がこれまで長きに渡りシリーズを応援し続けてきたファンへどのようなメッセージを書いたのか、期待が高まる。

 そして実は、この入場者プレゼントのビジュアルを決めたのは佐藤と大友監督で、お互いに即決でこの2枚のビジュアルを決めたことを明かし、神谷道場のメンバーのビジュアルについては「最後なのでパート1からの仲間と一緒の写真を入れたいなと思って決めました」と10年間ともに過ごした仲間とのビジュアルを選んだと語る。

 また、未発表のビジュアルについて佐藤は、「直感的にこれが1番といいなと思いました。剣心は背中で語る人だとも思っていたので」とコメントし、大友監督は「剣心のソウルが一番感じられるものはこれでした。2人でビシッと一致しました」と、10年間共に歩み続けてきた2人が、一番いいと思うものが一致し、決まったものであると明かした。(※先着限定のため、無くなり次第終了)

 また、最後の入場者プレゼントについて佐藤は、「本当に長い間応援くださったみなさまの応援がちゃんと届いて我々のモチベーションに繋がってつらいときも頑張れたので本当に感謝しています。ぜひ、最後にこういった形でこのプレゼントを手元に持っていただき、『るろうに剣心』の世界やキャラクターをいつまでも愛して続けてもらえたら嬉しいです」といい、大友監督も「本当にこのシリーズはお客さんに支持されて育てられたからこそ、我々スタッフやキャストもやり遂げることができました。なんとか最後に気持ちを形にしてみなさんの手元に置いていただけるようにしたいなと話をしていて写真を選び、そういった気持ちがこの写真を通して残るといいなと思います。ありがとうございました」と、作品を支え続けてきたファンに感謝のコメントを寄せた。

 ※関連記事
 ・佐藤健 浴衣姿で京都の劇場で「るろうに剣心」舞台挨拶!ファンからの“誕生日”指摘に「全く気づきませんでした」と舌を巻く一幕も【ロングめレポ】
 ・佐藤健 北村一輝の細かい演技の真意ピタリ言い当て「そこを観てる君がすごいよ(笑)」と脱帽させる!有村架純 村上虹郎のあっけらかんとした回答に驚き
 ・佐藤健「るろうに剣心 最終章 The Final」“真の初日”舞台挨拶に喜びひとしお!雨男疑惑を武井咲、青木崇高、土屋太鳳ら否定も「きょうも雨だ!」とゲン担ぐ一幕も
 ・佐藤健扮する緋村剣心&緋村抜刀斎姿など珠玉のカット収めた「るろうに剣心 最終章」写真集内一部カットが公開!神木隆之介の瀬田宗次郎姿、新田真剣佑、有村架純なども
 ・佐藤健 蒼井優が明かす意外と抜けた一面や「腹が立ちました」というほどの強い愛があるもの?「るろうに剣心 最終章 The Final」初日に藤原竜也から動画メッセージも

 ※記事内写真は(c)和月伸宏/集英社 (c)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする