千葉雄大 新境地とも呼べる役柄での号泣シーン公開!映画「子供はわかってあげない」本編映像解禁

千葉雄大 新境地とも呼べる役柄での号泣シーン公開!映画「子供はわかってあげない」本編映像解禁1

 俳優・上白石萌歌(21)主演で20日より全国公開予定の映画『子供はわかってあげない』(監督:沖田修一/配給:日活)本編映像が19日、解禁となった。

 漫画家・田島列島氏の長編デビュー作の原作を『横道世之介』などで知られる沖田監督が実写映画化。元気でマイペースなヒロイン・美波(上白石)が運命の出会いをきっかけにちょっぴり不思議な夏休みを過ごすという作品。甘酸っぱすぎる初恋相手となるシャイで素朴な書道部員の“もじくん”こと門司昭平(細田)、“元教祖”?の実父・友充(豊川悦司)との再会、ジェンダーレスな雰囲気を漂わせるもじくんの兄で迷探偵・明大(千葉雄大)ら個性的なキャストが登場しまくるが、そんな人達をゆるやかに優しく受け止めていくハートフルムービーに仕上がっている。

 公開された映像は千葉演じる明大(あきひろ)の出演シーン。実の父親を探しそうと決めた美波は、もじくんに兄が探偵業を営んでいると聞き、明大のもとを訪れる……というシーン。映像は、美波の境遇を聞いた明大がたばこを吸いながら号泣しているシーンから始まる。明大自身も女性になることで家を追い出された過去があり、美波の実父に共感している様子。そして温かい眼差しで美波を見つめる明大は、父親探しに協力するのだった。

 数々のドラマ・映画で活躍し、『モヒカン故郷に帰る』に続く沖田組参加の千葉の新境地とも呼べる今回の役柄。沖田修一監督は「何気ない仕草で女性らしく見えるお芝居はさすがだなと思いました」と太鼓判!明大が物語でどのような活躍をするのか……。

 映画『子供はわかってあげない』はテアトル新宿にて先行公開で同20日より全国公開予定!

 ※映画「子供はわかってあげない」過去関連記事
 ・上白石萌歌 浴衣姿で登場で高校時代は「血まみれなって登校した」ほど自転車に乗り倒す!熱せられた「フライパンの上に座っているような」正座の苦労話も
 ・上白石萌歌 豊川悦司に“ブーメランパンツ”発言で「なんだそれ(笑)」!千葉雄大 細田佳央太は「弟のように思っています」

 ※記事内画像は(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする