山本舞香 シークレットゲストで「美少女図鑑AWARD 2022」登場でグランプリ・菅原夕亜さん祝福!「人生がかかっていると言っても過言ではない時間」に緊張

山本舞香 シークレットゲストで「美少女図鑑AWARD 2022」登場でグランプリ・菅原夕亜さん祝福!「人生がかかっていると言っても過言ではない時間」に緊張3

 モデルで俳優・山本舞香(24)が3日、都内で『美少女図鑑AWARD 2022』授賞式にシークレットゲストとして登場。グランプリに輝いた福島県の菅原夕亜さん(13)を祝福した。

 今年で4回めとなる『美少女図鑑AWARD』。今回は、美少女図鑑史上初の試みとして、全47都道府県、各地域ごとに「地方限定予選」を実施した。全47都道府県、各地域ごとに『地方限定予選』を実施しており、結果、過去最大規模となる5427人の応募から、54人のファイナリストが集結した。

 司会はドーキンズ英里奈が務める中、グランプリのプレゼンターとして山本は登場。菅原さんは「山本舞香さん大好きで見ています。山本舞香さんみたいな女優さんになりたいです」と、目を輝かせると山本は「夢に向かって、しっかり頑張ってください!」と、激励の言葉を贈った。

 プレゼンターを終えて、山本は「人生がかかっていると言っても過言ではない時間に呼んで頂いて緊張しました」と、大役を終えてホッと一息といった様子。参加者たちへは「お仕事するようになったら精いっぱい楽しんでくださいということを伝えたいです。大変なことも多いですけど、応援してくださる方々に元気を与える仕事なので自分たちが元気ではないと、応援してくれている人にも失礼なので」と、アドバイスもしていた。

 山本といえば過去『鳥取美少女図鑑』にて活躍。応募の経緯として「デパートに両親とお買い物に行って、オーディションだったのかな、そこにぽんと入っちゃのかな。12歳くらいでした。それを見た今の事務所が鳥取まで来て、事務所に入ることになりました」と、きっかけを話すとともに、「美少女図鑑だったり、芸能界を目指してくれる方がもっともっと増えるといいなと思っています。山本舞香を目標にしていますというような女優になれたらいいなと」と、意気込んでいた。

 ほか準グランプリに広島県の八畝田心優さん(18)、審査員特別賞には広島県出身の向井純葉さん(15)、熊本県出身のSangoさん(12)となったことも発表された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする