齋藤飛鳥「その一歩が誰かの希望になる」と真摯に呼びかけ!「はたちの献血」キャンペーンで動画撮影などを楽しむ

齋藤飛鳥「その一歩が誰かの希望になる」と真摯に呼びかけ!「はたちの献血」キャンペーンで動画撮影などを楽しむ4

 アイドルグループ『乃木坂46』の梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香、久保史緒里、齋藤飛鳥が27日、都内で令和2年『はたちの献血』キャンペーンPRイベントに登場した。

 『はたちの献血』キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期の輸血用血液の確保と、医療機関へ安定的に血液製剤を供給することを目的に、新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く献血に対する理解と協力を求めることを目的に、1975年から毎年1月から2月の期間実施されているもの。

 今回は『乃木坂46』がキャンペーンキャラクターを務めている。残り約1ヶ月ということで、メンバーたちが激励コメントを直筆した全国の献血センターをめぐるオリジナルフラッグを制作したり、『はたちの献血』YouTubeアカウント用の1ヶ月限定動画を5人自らがステージ上で制作して楽しむ姿を見せていた。

 最後に齋藤から「献血のイメージを身近に感じて頂けるように、私達も引き続き頑張らないとなと思っています。ほかの誰かがやってくれるからいいやという気持ちではなくて、誰かの役に立てるということをみなさんに知って頂けたら嬉しく思います。一歩踏み出して、献血会場に行って頂けたらすごく嬉しいので、その一歩が誰かの希望になるので御協力頂けたら嬉しいです」と、真摯に呼びかけていた。

 ※詳報は後ほど追記予定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする