わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露8

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長に!

 “わさみん”の愛称で親しまれている演歌歌手・岩佐美咲(22)が17日、東京・台場の国際交流会館内 プラザ平成国際会議場で東京湾岸警察署一日署長イベントに登場した。

 岩佐は東京湾岸警察署・東京湾岸防犯協会主催『東京湾岸・地域安全のつどい』にて、同署の一日署長を委嘱された。開始時間になり呼び込まれると、制服姿で現れた関係者1人1人と握手を交わすなど丁寧な対応をしつつ、さっそく、一日署長のタスキがかけられ「本当に貴重な経験なので、婦警さんの格好をすることを本当に楽しみにしていたんです」と、声を弾ませる。

 自身が犯罪被害に遭ったことはないかと問われると、「幼い頃に自転車を持って行かれたことがあって」と、告白。さらに、大人になって携帯をタクシーに忘れて警察の方に助けてもらったことがあるそうだが、「交番の方たちがすごい楽しかったから、また行きたいなと思ったくらいで、近所の交番のおまわりさんがいい人で安心したなという思い出がありますね」と、エピソードを披露していた。

 防犯講話を経て、振り袖姿に着替えて『恋するフォーチュンクッキー』の演歌バージョンや『鯖街道』など30分で6曲を熱唱!歌いながら、客席をめぐり観客たちと握手や一緒に写真撮影をしたりと、触れ合いを大切にしたステージングで魅了していた。

 終了後に岩佐はメディア向けに囲み会見を開催。一日警察署長を務めるのは『AKB48』時代の2014年10月14日の広島県福山西警察署一日署長以来3年ぶり2度目となるが、「すごい嬉しいですね。このコスチュームが可愛いじゃないですか(笑)!着れることを楽しみにしていたんです。夏服と冬服を選べると言われたんですけど、冬服の金の色合いが可愛くて。『暑いかもしれませんよ』と言われましたけど、気温も低かったので」と、デザイン有線だったのだとか。

 防犯で気をつけていることへは、「夜1人で歩く時は音楽を聴きながらは危ないなと思ってやめるようにしています。それと携帯を触りながら歩くと、車が来ていると危ないなと思うので」と、注意しているそうだ。

 記者から歌いの間にするトークが上達したと褒められると、「嬉しいですね」とニコリとしつつ、「自分の中で大きな課題だったんです。アイドルとして活動しているときのお客様と演歌歌手として活動しているときのお客様は盛り上がりが違うので気をつけるようにしているんです。お客さんの顔を1人1人見ながらですね」と、努力しているポイントも。

 それでも、年末へ向けては、「歌手としては年末大忙しというのが一番嬉しいことじゃないですか。そうなるように頑張っていきたいなと。歌手としてはまだまだ未熟なので」と、気を引き締めなおしていた。

 また、今月は『AKB48』で派生ユニット『渡り廊下走り隊7』でも同じメンバーだった“まゆゆ”こと渡辺麻友(23)が卒業するが、その話題を振られ「麻友さんがご卒業というので感慨深いです。活動していたのがつい最近のことのようで。麻友さんがドラマなどに出演されているのを見て、アイドルとはまったく違う顔ですごいなって思っていたので、いちファンとしても好きなので、寂しさもありますし楽しみでもあります」と、実感を語っていた。

 ■ミニコンサートセットリスト
 M1:初酒
 M2:恋するフォーチュンクッキー 演歌バージョン
 M3:東京のバスガール
 M4:下町の太陽
 M5:異邦人
 M6:鯖街道

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露5

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露3

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露2

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露6

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露4

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露7

わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする