【平昌五輪】フィギュアスケート団体 女子SP宮原知子選手4位で決勝進出!回転不足判定に首を傾げ納得いかない表情

【平昌五輪】フィギュアスケート団体 女子SP宮原知子選手4位で決勝進出!回転不足判定に首を傾げ納得いかない表情1

 平昌オリンピックは11日、フィギュアスケート 団体・女子SPを行い、宮原知子選手(19=関大)が登場した。宮原選手は4位だったが、団体予選4種目合計で26点の4位で決勝のフリーに進むことになった。

 曲は映画『SAYURI』より。琴の音など和の調べがゆったりと流れる中、しっとりと演技の世界に入っていく宮原。冒頭の3ルッツ+3トーループを安定したジャンプでキレイに決めて流れに乗る。続く、フライングキャメルスピン、コンビネーションスピンもていねいに滑る。最後、ダブルアクセルからビールマンスピンを入れ、フィニッシュ。演技後、笑顔でガッツポーズも見られた。

 しかし、解説の元フィギュアスケート選手の八木沼純子氏も特典が出る前から指摘していたが、冒頭のコンビネーションジャンプが両方とも回転不足ととられ、得点は68.95点(技術点34.33点、演技構成点34.62点)と、思ったほど伸びなかった。

 これには、宮原もちょっと首を傾げ納得いかない表情を浮かべ、会場も「え?」と、不満気な声が漏れた。

 宮原選手は、「(演技の最後はガッツポーズも見られましたが、いかがですか?)点数的には少し悔しい点数だったんですけど、チームのみんなになんとか大きなミスなく、まとめることができたので、ありがとうの気持でガッツポーズしました。
 (日本はいい流れで来て、最後のSPでしたが、いかがでしたか?)ダンスの結果は見ずに自分の試合になってしまったんですけど、雰囲気からすごくいい流れできているのは感じていたので、自分の最後のショートで、この流れをシッカリ受け継いでいけるように、貢献できる演技がしたいと思ってやりました。
 (これでフリーにも進出しますが?)今度は(坂本)花織ちゃんがフリーをしてくれるので、花織ちゃんの勢いでしっかり日本チームを盛り上げてくれると思うので、自分も応援で盛り上げられるようにがんばりたいです。
 (初めてのオリンピック。そして、この後は個人戦も控えていますが?)この団体戦でいちどショート演じることができて、個人戦はまた違った雰囲気になると思うんですけど、オリンピックの会場でまずショートをできて、すごくいい経験になりました」

 【女子SP】の順位
 1位 OAR 10
 2位 イタリア 9
 3位 カナダ 8
 4位 日本7
 5位 アメリカ 6
 6位 韓国 5
 7位 中国 4
 8位 ドイツ 3
 9位 フランス 2
 10位 イスラエル 1

 【4種目終了後の順位】
 1位 カナダ 35
 2位 OAR 31
 3位 アメリカ 29
 4位 日本 26
 5位 イタリア 26
 6位 中国 18
 7位 ドイツ 16
 8位 イスラエル 13
 9位 フランス 13
 10位 韓国 13

 4年前のソチオリンピックから設けられたフィギュアスケート団体。10ヶ国が男女、ペアのSPとアイスダンスのショートダンス(SD)を演技。それぞれの演技種目で1位10点~10位1点が与えられ、4種目終わった時点で上位5チームがフリーに進出することができる。前回、日本は5位だった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする