京本大我「会うのは今日で最後」な演技!「束の間の一花」場面写

京本大我「会うのは今日で最後」な演技!「束の間の一花」場面写1

 アイドルグループ『SixTONES』の京本大我主演で現在放送中の日本テレビの深夜ドラマ枠『シンドラ』枠ドラマ『束の間の一花』。本日31日深夜25時4分より放送の第3話の場面写真が同日、公開となった。

 漫画家・タダノなつ氏の同名作が原作。余命宣告を受けている「哲学講師」と「生徒」いつ終わりを迎えるかわからない日々を過ごすふたりの儚くも温かい“束の間”の恋の物語を紡いだ作品となる。京本は哲学講師の萬木昭史役で連続ドラマ単独初主演を果たし、ヒロインの女子高生・千田原一花役を藤原さくらが演じる。

 萬木昭史(京本)に思わず告白をした千田原一花(藤原さくら)。ふたりは水族館で再び会うことになるが、萬木は「会うのは今日で最後にしよう」と別れを切り出すこととなり……。公開された場面写真も水族館のカットとなっている。

 ■第3話 あらすじ
 「くたばり損ない同士」
 大学の元哲学講師・萬木昭史(京本大我)に思わず告白をした千田原一花(藤原さく
ら)。一花は告白をしてしまったこと、そして萬木も自分と同じく余命宣告を受けてい
ることに混乱してしまう…。
 しかし、弟の大樹(佐々木大光)と話す中で、一花は勇気を出して萬木を水族館へ誘うことに。水族館でイルカショーなど楽しい時間を過ごすふたりだったが、萬木は「会うのは今日で最後にしよう」と別れを切り出す…
ふたりの恋の行方はどうなるのか。束の間のはかない物語。

 ※『束の間の一花』過去記事
 ・京本大我 藤原さくらと雪固める姿!SP動画佐々木大光ゲストに
 ・京本大我&藤原さくら「束の間の一花」ロケ地巡る動画公開20
 ・京本大我 二宮和也と上裸BBQ願望?浴衣姿やこだわり語る

 ※記事内画像は(c)NTV・J Storm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする