二宮和也 京本大我が緊張していたと知り「新鮮です(笑)」!「TANG タング」2人登場の場面写真解禁で超がつくほどのナルシスト演技なども

二宮和也 京本大我が緊張していたと知り「新鮮です(笑)」!「TANG タング」2人登場の場面写真解禁で超がつくほどのナルシスト演技なども1

 アイドルグループ『嵐』の二宮和也が主演し8月11日より公開予定の映画『TANG タング』(監督:三木孝浩/配給:ワーナー・ブラザース映画)。本作の二宮とアイドルグループ『SixTONES』の京本大我の場面写真が4日、解禁となった。

 イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が原作。二宮やゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井 健(かすがい・けん)役を演じる。わけあって無職で人生に迷子中。ある日、健の家の庭に突然現れたのは、記憶を無くした不良品ロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を“タング“と名乗った。この迷子同士の運命の出会いが、まさかの驚きにみちたポンコツコンビの壮大な冒険の幕開けだった……という物語。

 健は時代遅れで旧式なデザインのタングを最新型のロボットと交換してもらうため、アンドロイド製造の大手企業・アトビットシステムズ社を訪ねることに。そこでAIやロボットについては博学だが、超がつくほどのナルシスト・林原(京本)と出会い、故障したタングを診てもらうというシーンが展開される。

 公開となった場面写真では、林原がタングに特別な力が備わっていると興味を示すものの、健にはそれが信じられず、2人そろってタングを見つめているシーンのもの。林原はタングを修理するため、健に中国の深センへ行くことを促す。タングを最新型ロボットと交換するために始まった旅が、いつしかタングを修理する旅となり、2人の冒険もさらにスケールアップしていく……。

 京本は、事務所の大先輩の二宮との共演に緊張を隠せず、撮影前にはしっかりとシミュレーションする準備を重ねていたそうだ。

 撮影後の2人からコメントが寄せられた。以下全文。

 ●二宮和也
 京本君は緊張していたんですか?年の離れた事務所の先輩だと思うと余計に緊張が働くのかもですね。新鮮です(笑)。僕自身は後輩だというよりかは、ドラマや映画で出会う、若い俳優さんと同じように向き合っていました。その方が自然で話やすいと思っていたので…。同じ事務所の後輩という感じはほとんどなかったのですが、それが怖かったんですかね?(笑)。(これまで一緒に仕事をする)機会がなかったので、『TANG タング』で出会えて作品に感謝です。

 ●京本大我(SixTONES)
 林原は作り込みが必要なキャラクターだったので、二宮君のお芝居がよりナチュラルだと実感しました。たった一言のセリフでもたくさんの情報量があったり、表情ひとつに意味があったり……。セリフを一言、返されるだけでもずしっと重みを感じましたし、きちんと返さなくては、という思いと。林原の世界観を守りたいという思いの間で試行錯誤しながら演じていました。二宮くんの作品をたくさん観てきたので、あの距離で二宮くんと芝居をするのは、鳥肌が立つほどの緊張感がありました。この体験はこれからすごく生きてくると思っています。

 映画『TANG タング』は8月11日より公開予定!

 ※二宮和也過去関連記事
 ・二宮和也主演の映画「TANG タング」にかまいたち&景井ひな出演発表!山内健司へ三木孝浩監督から「目がヤバい、イってしまっているような、“いつもの”感じで」!?
 ・二宮和也“国会”で演説で「はいそこ!寝ない!」と議員叱責も「ならOKだよ♪」とあっさり許す!パズドラ新TVCM登場でチャレンジ企画も挑戦し「けっこうイキったこと言った」?
 ・二宮和也「日本アカデミー賞」晴れの舞台でも菅田将暉&妻夫木聡から出てくるエピソードは「ゲームしている姿」に苦笑い!「嫌らしくならないように気をつけました」
 ・二宮和也に託された「The GRAND アルトバイエルン」新イメージキャラクターの役割や売り場での販促物にも!伊藤ハム関係者から「親しみのある雰囲気、イメージを見事に表現」
 ・二宮和也「“にのみやかずや”じゃないんだ」と喜び!実食で美味しさに得も言われぬ表情浮かべたり第1子誕生後初イベントで「無事に生まれてきて頂いて健康で」

 Based on A ROBOT IN THE GARDEN by Deborah Install Copyright (c) 2015 by Deborah Install Licensed by Deborah Install c/o Andrew Nurnberg Associates, London through Tuttle-Mori Agency, Inc. , Tokyo
 (c)2022映画「 TANG 」製作 委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする