横浜流星「線は、僕を描く」主題歌はyama×Vaundy楽曲

横浜流星「線は、僕を描く」主題歌はyama×Vaundy楽曲2

ポスタービジュアル

 俳優・横浜流星主演で10月21日より公開予定の映画『線は、僕を描く』(監督:小泉徳宏/配給:東宝)。本作の特報映像、主題歌情報、本ポスタービジュアルが14日、解禁となった。

 作家・砥上裕將氏の同名作が原作。とあるきっかけで水墨画と出会い、学ぶことでその世界に魅了され止まっていた時間が動き出す主人公・青山霜介の喪失と再生の姿が描かれている。横浜演じる霜介と出会いライバル心を抱くようになる篠田千瑛(ちあき)には清原果耶が起用されている。

 主題歌タイトルは『くびったけ』。アーティスト・yama氏とVaundy(バウンディ)氏がタッグを組んだ楽曲になるといい、挿入歌も担当するとのこと。

 今回の2組の起用は小泉監督とプロデューサーが話し合っていたところ、横浜から「yamaさんに歌ってほしい」と提案があったことから決まったという。yama氏にとっては、今回メジャーデビュー2年目にして初めて長編映画の主題歌を担当。そして、本作のために書き下ろされた主題歌『くびったけ』は、現役大学生アーティスト・Vaundy氏が作詞・作曲を務めたもの。

 楽曲はパワフルなドラムから始まり、軽快なギターリフ、唸るようなベースラインにyama氏のパッションあふれるヴォーカルが重なり、今までにないスレートなギターロックサウンドに仕上がっている。さらに、挿入歌はyama氏の新曲『Lost』となっており、こちらは映画のために書き下ろされた楽曲となっている。両楽曲を聴いた横浜からは「素敵な主題歌、挿入歌で、共に作品に寄り添っていただき、さらに作品に深みが増したと思ってます」と、絶賛していた。

 一方、特報映像はナレーションを声優・早見沙織が担当していることがアナウンス。映像には主人公・青山霜介(横浜流星)が水墨画の世界に魅了されるきっかけとなった、篠田湖山(三浦友和)との出会いのシーンから、霜介と出会いライバル心を抱くようになる篠田千瑛(清原果耶)の姿も映されており、主題歌『くびったけ』のアップテンポな音楽も相乗効果を生むエイズに。

 さらに、ポスタービジュアルでは、横浜が力強い線を描くエモーショナルな仕上がり。ここにデザインされている水墨画“線と椿”は本作の水墨画監修を務めた小林東雲氏が描いたもの。力強く描かれた“線”については【霜介が出会った人たち一人ひとり、霜介が線を描くのにとても大切な人たちだった】という意味合いがあり、つぼみや開花した“椿”は、【水墨画の世界を通して、色々な人と出会い成長していった霜介】をイメージしたという。

 ■特報映像
 ◆Youtube リンク: https://youtu.be/KmM4OR8XqnE

 ※横浜流星過去関連記事
 ・横浜流星“本物”への気持ち吐露で「自分の代わりなんていくらでもいる」!映画「流浪の月」出演(?)でインスタフォロワー減も「大事にしたい」に拍手や「転換期になった」【原稿ロングめ】
 ・横浜流星「落胆しました」「悲しかった」シーンや、“流星のこと嫌いになりそう”という感想に「でも嬉しい」のと「僕ではないので嫌いにならないでください」
 ・横浜流星「嬉しいけど、ワンシーン追加はないんだ……」な不思議なサプライズバースデー!松坂桃李から「怒りから喜びのストロークが大変」と解説も
 ・横浜流星 噂を聞いてからなんとしてでもその世界観の一部になりたいと行動の裏話エピソード!映画「流浪の月」場面写真や広瀬すずとの撮影や「僕自身が誰よりも亮を愛した」
 ・横浜流星「チャレンジしかなかった」や広瀬すずと役の関係値つかむため膝枕してもらったエピソード!“宿命の相手”絞り出そうとする姿に監督ツッコミで一同爆笑の事態にも

 ※記事内画像は(C)砥上裕將/講談社 (C)2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

横浜流星「線は、僕を描く」主題歌はyama×Vaundy楽曲1

横浜×yama氏

横浜流星「線は、僕を描く」主題歌はyama×Vaundy楽曲3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする