岡田准一デートに向かない映画?坂口健太郎“MIYAVI”衣装

岡田准一デートに向かない映画?坂口健太郎“MIYAVI”衣装2

 俳優・岡田准一、坂口健太郎が22日、東京・丸の内TOEIで映画『ヘルドッグス』(監督:原田眞人/配給:東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)公開御礼舞台あいさつを原田監督とともに開いた。

 岡田×原田監督が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続く3度目のタッグで贈る作品。警官時代に愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、正義も感情も捨て復讐することにのみに生きる“闇に墜ちた”元警官・兼高昭吾役を岡田が演じる。その狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、関東最大のヤクザ組織「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要されることとなる。そんな兼高とバディを組む坂口演じる室岡秀喜は、イカれたサイコボーイとして誰も手がつけられない凶暴性と残虐性を持つ危ない男を怪演している。

 公開後にさまざまな反響が届いているそうだが岡田は「いつも以上に感想が届く作品になっております。それだけ癖が強くて。愛の映画であることは間違いないんですが、ハマれば至福ですし、デートでくるんじゃねぇぞ」と、作品にちなんだようなクセの強いコメントを。すると原田監督からは「デートムービーでもいいんじゃ。どうかなと思っている彼女・彼氏と観たら、相手はどういう反応をするか見ればいいのでは」と、楽しげに笑う。

 坂口も、「熱量のこもったメッセージを頂いて、室岡もぶっ飛んだキャラクターでしたし、感想を送ってくださる方のエネルギーもすごいんです。撮影の時の思い出も蘇ってくる気がして、嬉しく思っています」と、反響を語る。ちなみに、この日の坂口は白のジャケット、パンツ姿だったが、岡田から「MIYAVIさんを意識してたといってました」と、先週の本作イベントでMIYAVIが着ていたようなコーデにしているそうだ。

 仲間うちからも反響が届いているという岡田は、「久しぶりに知り合いが連絡をくれたり観に来ましたというのも来るし、映画につい普段は言ってこない知り合いが、『今、岡田さん犬の映画をやってるんだって』と言われたので、怖い犬の映画だよと言ったのですが、間違って伝えたかもしれません(笑)」とも語っていた。

 作品の話題へ。目の演技をかわすことが多かったといい、坂口は、「目のやり取りはかなりしました。アクションのときは一種の目のやり取りで、こっちに行ってみようと演技をしています。そこに気づいてくださった方がいたらすごいなって」というと、岡田は「いろんな人から熱い目をされる役でした。坂口さんも熱い目で見てくれるし、MIYAVIさんも熱い目をしてくれるし、すごい役でしたよ」と、懐かしげだった。

岡田准一デートに向かない映画?坂口健太郎“MIYAVI”衣装1

 作品内では殺し屋として登場する女優・中島亜梨沙とのアクションシーンが印象的だったという岡田。「彼女は宝塚の娘役をやられていた方で、格闘経験がないなかで、そこから急に岡田と戦うという感じだったんです。満身創痍になって頑張ってて、彼女が最後まで頑張りきれたから、撮り切れたというか。撮影が終わった後には彼女は動けなくなっていたんです。これは監督の無茶振りだったと思います」と、健闘をたたえていた。

 イベントでは観客からの質問に答えるコーナーも開催。台本を読んだときに感じたことへ、岡田は、「原田監督の台本はこういうことかということが、読んでいると分かってくるんです。とても地図のように複雑なこともあるので、このエネルギーがどうなっていくのかというのでラストシーンにビックリしましたね」と流れを語れば、坂口は室岡が「愛しい男の子だなと感じました。物語が進むごとに切なさが入ってきたりとか」と感じ入った部分を話していた。

 そして原田監督から「ここにいる2人を頂点に、俳優陣がハジケて楽しんでます。大画面で堪能してください」とアピールすれば、坂口は「0か100の作品だと思いますけど、登場人物にどこか感情移入するような魅力的なキャラクターたちが生きていると思います。この熱量と力強さを感じてよりより大きくして頂ければ」と、メッセージを。

 そして岡田からは、「万人に受ける映画というより個性の強い映画です。そのかわり、すごく強いエネルギーを持っていますし、ちょっと闇を浴びたい方、映画の深さを感じたい方に、原田監督が生み出すハリケーンのような熱量を観に来て頂ければ嬉しいなと思っています」と、呼びかけていた。

 映画『ヘルドッグス』は公開中!

 ※岡田准一過去記事
 ・岡田准一 坂口健太郎通して「違う“健”を知っている」場内沸く
 ・平手友梨奈 岡田准一からの声がけに「いや、何回もは大丈夫です(笑)」と楽しげ!「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」Blu-ray&DVD発売記念し動画でコメント
 ・岡田准一『anan AWARD 2021』大賞受賞に「『V6』として最後のこういう賞を頂けた」!なにわ男子に“新ルール”伝授や大橋和也へ無茶振りや西畑大吾果敢にツッコミも【受賞についての説明も掲載】

 ※坂口健太郎過去記事
 ・赤楚衛二 携帯やTVから距離を置いて「めちゃめちゃ寂しかった」!坂口健太郎から「すごくいいやられっぷりだった」と称賛も
 ・赤楚衛二&坂口健太郎の鬼気迫る姿!ドラマ「ヒル」ポスタービジュアル&最新予告映像も解禁に
 ・赤楚衛二「撮影中は苦痛と憤怒が心の中に渦巻く日々でした」!坂口健太郎と社会派復讐サスペンスドラマ「ヒル」のSeason1と2でそれぞれ主演へ【コメント全文】

岡田准一デートに向かない映画?坂口健太郎“MIYAVI”衣装3

岡田准一デートに向かない映画?坂口健太郎“MIYAVI”衣装4

岡田准一デートに向かない映画?坂口健太郎“MIYAVI”衣装15

©2022 「ヘルドッグス」製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする