飯島寛騎「炎上シンデレラ」田中芽衣から「優しいお兄さん」

飯島寛騎「炎上シンデレラ」田中芽衣から「優しいお兄さん」3

 俳優・飯島寛騎、田中芽衣が19日、東京・池袋HUMAXシネマズで映画『炎上シンデレラ』(監督:尾崎将也/配給:キャンター)完成披露上映会を尾崎監督とともに開いた。

 初主演映画を撮影中にスキャンダルを起こして大炎上、芸能界を追放された女優・みつほが主人公。彼女を主役に映画を撮りたいという妄想を抱えた映画オタクの青年・田代(飯島)と、出会いに割り込む小劇団を主催するいい加減な男・山倉がみつほに振り回される姿を描いている。

 青のセットアップで登場した飯島。本作の「タイトルのインパクト強いですよね」と、率直に話して観客の笑いを誘う。

 田代という役どころへ「みづほよりしゃべらない役です。映画オタクということで、好きなことを貫いて、周りにどう言われてもこういうの作りたいという気持ちが強い役です」と話す。みづほ、田代ともにしゃべらない現場はどうだったかとの質問が飛び、飯島は「なかなかない間での演技になりましたけど、(田中が)みづほとリンクしていて僕は楽しかったです」と、笑みを向けると田中も「私も楽しかったですよ(笑)」と返し、楽しげ。

 さらに田中はキャスティングで飯島の名前を見たときに、「お名前だけ頂いて、検索していたんです。それで、凄くクールな方が来るのかなと思ったらほんわかした方で、『あっ、どーもー』という感じで」と、第一印象を語ったり、「なんでもない話をしたんですが、みづほとしてわからなくなったときは『このときはど思いますか?と相談して。そうしたら、『ここはこうだよ』と言ってもらえて」と、しっかり先輩としても役目を果たしていたそう。そんなエピソードの連発に飯島は「クールに立ち回っていたつもりだったんですが」と照れ笑いすると、田中は「クールではないですよ(笑)。優しいお兄さんでした!」と、返していた。

 一方、尾崎監督は、2人の演技へ「問題がなかったです。飯島さんがオタク役をどうやるかというので、工夫して頂いたという感じで」と、裏話を披露。これを受けて飯島は「衣装合わせなどの全工程のときにオタクってなんだろうって考えて。好きなこと以外、感心がない感じとかと思って」と、役を作り上げていったという。すると尾崎監督は「試写を観た友人が私のように見えてきたと言っていて」というほど、役が入っていたというエピソードも披露された。

 そして田中から、「2人の空気感や表情をじっくり観察してほしいです。コメディ要素も入っているのでいろんな要素を好きな方が観れると思います!」とアピールすると、飯島からは、「みづほを観てほしいですけど、観る方の視点によって、こう見せたら面白いかなという普段と真逆のことをやった楽しみ方がありました」と、気持ちを語っていた。

 映画『炎上シンデレラ』は11月4日より池袋HUMAXシネマズほか全国順次ロードショー予定!

 ※飯島寛騎過去記事
 ・飯島寛騎 誰も聴こえないラップ音?オカルトの森へようこそ初日
 ・飯島寛騎「THE仮面ライダー展」北海道SPアンバサダー就任
 ・西銘駿×飯島寛騎デュエット歌唱した「歌うたいのバラッド」動画公開!本編の映像を特別編集のMV風仕上がりに

飯島寛騎「炎上シンデレラ」田中芽衣から「優しいお兄さん」2

飯島寛騎「炎上シンデレラ」田中芽衣から「優しいお兄さん」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする