関ジャニ∞横山裕&丸山隆平 文化庁長官から「2人のおかげ」大興奮で握手!プレミアムフライデーPRでプレミアム気分を披露

関ジャニ∞横山裕&丸山隆平 文化庁長官から「2人のおかげ」大興奮で握手!プレミアムフライデーPRでプレミアム気分を披露3

関ジャニ∞横山裕&丸山隆平がこちらのパネルを手に持ちPR!

 アイドルグループ『関ジャニ∞』の横山裕(36)、丸山隆平(33)が30日、東京国立近代美術館内で『プレミアム“カルチャー”フライデー』PRイベントに登場した。

 今年2月24日からスタートした、月末金曜日は早めに仕事を終えて豊か・幸せに過ごすという取り組みとなるプレミアムフライデー。今回5回目を迎え、プレミアムフライデーナビゲーターを務める関ジャニ∞がイベントに参加するものとなった。

 スーツにネクタイ姿で2人は登場。プレミアムフライデーがスタートしてから5ヶ月、どう感じているのかへ、横山は「こう見えても歌を歌う機会がありまして、金曜日は歌番組への出演機会が多かったんですが、たまたまきのう弟に明日プレミアムフライデーのイベントに出ると言ったら、『すげーな兄ちゃん!』と言われて、すげー気分良かったっすね」と、プレミアムな気分を味わったのだとか。

 丸山は、「プレミアムフライーで割引というのを見まして、身をもって実感する機会があって、少しずつ浸透してきているんじゃないかなと思っています」と、実感を。

 そんなプレミアムフライデーに自分たちでしたことへ、横山は「勉強がてら舞台とか観に行ってますね。生の舞台は肌で感じて、空気感を感じると、俺も頑張ろうとか感動や刺激を受けています」と、自身の活動の糧にすることに使っているようで、丸山も「ミュージカル映画を観る機会がありまして、つい最近見たミュージカルが実際にその次代にあった出来事で、ミュージカル自体はポップでしたけど、当時の文化を知れるというのは魅力なのかなって」と、勉強になっているそう。

 さらに、丸山は「僕も33歳なので、絵を買って。オレンジを基調としたメンバーカラーでどうしようかと一晩二晩と悩みまだあったので」と、“ひとめ惚れ”して買ったそうで、横山はこれに「えー!絵を買ってえーって」と苦笑いしていたが「丸、大人になったなぁ。絵画を買って楽しむって」と、感心する一幕もあった。

 この日は、同所で会見することになった理由として、ちょっと豊かな文化体験をということで、高村光太郎の美術作品『手』が特別に公開。感想を求められた丸山は「やっぱり人の人生というのは簡単ではないと。まず体現して体で感じてこそ人生」とコメントを寄せたが、横山が「大丈夫ですか?」と尋ねると、「なんかふわふわしている」と、苦笑いだった。

 そんな2人に関係者から実際の同じポーズをしてみることをおすすめされ、横山は「敷居が高いイメージがありましたけど、こうやって僕みたいなのでも楽しめるものがあるんだなって」と、距離が近づいたようだった。

 そんななか同席していた、宮田亮平文化庁長官が急に2人の間に入り身を乗り出してくることに。実は宮田長官は、青春時代に美術作品『手』を展示で観たそうだが、後ろ側までは観ることができなかったため、どうしても観たい情熱が抑えきれなかったそうで、横山もその話を聞いて「ずっと我慢されてたんですね!青春もね、酸いも甘いもありますよ」と言いつつ宮田長官からのレクチャーを受け、丸山も「作品を通して人柄も感じられるというのもありますね」と、さらに作品に興味を持つきっかけになったようで、宮田長官から「2人のおかげだよ!」と、お礼の言葉まで飛び出し握手をかわしていた。

 ほかにも、今後のプレミアムフライデーの開催に合わせて、8月は『プレミアム“バカンス”フライデー』、9月は『プレミアムフライデー収穫祭』、10月は『プレミアムハロウィン』、11月は『プレミアムブラックフライデー』を予定していることが明かされることに。横山は収穫祭へ「この日ばかりは飲んでやろうかな」と笑みがこぼれたり、丸山はハロウィンへ「ラジオなのにゾンビメイクをしたくらいだったので、今年は手の込んだ何にしようかな……募集します!」と、呼びかけていた。

関ジャニ∞横山裕&丸山隆平 文化庁長官から「2人のおかげ」大興奮で握手!プレミアムフライデーPRでプレミアム気分を披露1

関ジャニ∞横山裕&丸山隆平 文化庁長官から「2人のおかげ」大興奮で握手!プレミアムフライデーPRでプレミアム気分を披露4

宮田長官が熱弁

関ジャニ∞横山裕&丸山隆平 文化庁長官から「2人のおかげ」大興奮で握手!プレミアムフライデーPRでプレミアム気分を披露2

『手』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする