桐谷美玲 映画「リベンジGirl」初日で斉藤由貴らから褒められ万感!鈴木伸之の突然のポーズにビックリした思い出も

桐谷美玲 映画「リベンジGirl」初日で斉藤由貴らから褒められ万感!鈴木伸之の突然のポーズにビックリした思い出も6

映画「リベンジGirl」初日が開催!

 女優・桐谷美玲(28)、『劇団EXILE』鈴木伸之(25)、清原翔(24)、女優・竹内愛紗(16)、斉藤由貴(51)が23日、東京・丸の内ピカデリーで映画『リベンジgirl』(監督:三木康一郎/配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)初日舞台あいさつを三木監督とともに開いた。

 政治家を志望する元カレを見返すため、自分も政治家として女性初の首相を目指してのし上がっていく主人公・美輝をコミカルに描いた作品。桐谷にとって2年ぶりの主演となる。

 「クリスマス近いので赤にしています」と、腕がシースルーでセクシーな赤いドレスで登壇した桐谷。そんな桐谷を真隣で観ていた斉藤は、撮影中も含め「桐谷さんを見ていて眼福でした」と、笑みを見せた。

 司会からはお互いの印象の質問に。桐谷は、鈴木へ「すごく強そうだなってイメージがあったんです。でも、すごく寒がりだったりとか、虫が苦手だったり、可愛らしい人だなって印象になりました」と、ほほ笑ましい印象だったようだが、「取材それまで真面目に答えていたなかで、急にカメラに向かってポーズをとったりしていて」と、ビックリさせることも。

 この指摘に鈴木も自分でなんでそうやったかあまり思い出せなかったようで、そのポーズをしながら笑いを誘うことも。なお鈴木は桐谷へ、「姿勢もいいし凛としているイメージもありますし、桐谷さんまんまです。気さくだなって。フランクで初日から話しかけてくださってやりやすかったですね」と、好印象だったよう。

 さらに、斉藤は桐谷へ、「女優という演じる立場で、このだ異本を読んだときの所見は、なんて難しい台本だと思いました。ハードルのすごく高い台本です。キャラクターをモノにするのに、大変だったんじゃないかなと思いました。桐谷さん自身は頭の良い方と存じておりましたし、華奢で素晴らしく強いというところがフィーチャーされがちでしたけど、相通ずるものがあるなと思って拝見しておりました」と、頑張りを褒め、桐谷は「私にとっても挑戦だったなって思います。それだけに、やってよかったなって」と、万感といった様子だった。

 一方、馬場は清原へ、「すごい話しやすくてイジられキャラなのかなって」とコメントしたり、清原は竹内へ「透き通る透明感」と、評したりと和気あいあいといった様子だった。

 イベント後半には今年の漢字を1字で表すコーナーも開催。清原は「初」とし、「初めての経験をいろいろしたので完成披露試写会とか、そういうので登壇するのが初めてで、トークが苦手なんです。その初めてをこうやって乗り越えている最中で緊張しています」と、苦笑いしながら語ったり、斉藤は「勝」としたため、ネタバレスレスレの話をすることも。そして「宝」とした桐谷は、「みんなで一生懸命頑張って作った宝物のような映画だなって。これから観て頂くみなさんにもそんな気持ちになってもらえたらいいなって」と、呼びかけていた。

 最後は「頑張る女の子の成長を描いています。あしたから何か頑張ろう、一歩踏み出してみようと思えるような映画になっていますのでお楽しみください」と、呼びかけていた。

 また、今年8月に『週刊文春』(文藝春秋)で不倫疑惑を報じられ、約4ヶ月ぶりに初公の場となる斉藤へ報道陣から「仕事復帰ですね」「4ヶ月ぶりのお仕事は?」「家庭は大丈夫ですか?」との声も飛んだが、こちらに反応は示したが答えることはなくその場を後にした。

 映画『リベンジgirl』は全国ロードショー中!

桐谷美玲 映画「リベンジGirl」初日で斉藤由貴らから褒められ万感!鈴木伸之の突然のポーズにビックリした思い出も1

いきなりしたポーズを再現しながら熱弁した鈴木

桐谷美玲 映画「リベンジGirl」初日で斉藤由貴らから褒められ万感!鈴木伸之の突然のポーズにビックリした思い出も2

桐谷美玲 映画「リベンジGirl」初日で斉藤由貴らから褒められ万感!鈴木伸之の突然のポーズにビックリした思い出も3

桐谷美玲 映画「リベンジGirl」初日で斉藤由貴らから褒められ万感!鈴木伸之の突然のポーズにビックリした思い出も4

桐谷美玲 映画「リベンジGirl」初日で斉藤由貴らから褒められ万感!鈴木伸之の突然のポーズにビックリした思い出も5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする