高橋一生 最近のバレンタイン習慣に首を傾げつつも準備万端!自身の声には「子役さんに演技指導されることがある」と苦笑い

高橋一生 最近のバレンタイン習慣に首を傾げつつも準備万端!自身の声には「子役さんに演技指導されることがある」と苦笑い8

高橋一生『ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか』発表会後に囲み会見!

 俳優・高橋一生(37)が8日、都内で『ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか』記者発表会に登場し、司会は日本テレビの青木源太アナウンサーが務めた。

 ルーヴル美術館所蔵の古代オリエント美術からイスラム美術まで全8部門を代表する約110点の肖像芸術が一堂にそろう。27年ぶりの来日となるヴェロネーゼ作で、どこから見ても目が合うことがないといわれる肖像画の傑作『美しきナーニ』をはじめ、3000年以上前の古代エジプトの棺用マスク、古代ローマ皇帝やルイ14世、ナポレオンなどの君主像など見どころ満載だ。高橋は本展のオフィシャルサポーターに就任とともに音声ガイドのナビゲーターも務めることが発表となった。

 会見終了後に高橋による囲み会見が開催。あらためて意気込みを尋ねると、「本当に記念すべき節目なので、こんな大役を任せて頂くことはそうそうないので、しっかり務めさせて頂ければ」と、喜びをかみしめつつ「同時に美術品というものを間近で見させて頂いて、自分のお芝居に少しでも生かせれば」と、真摯な姿勢も。

 肖像ということで、顔にちなんで感じたことへ、「こういった場所に出てよく1人1人の表情を見ているんです。顔って生きてきた感じを物語ると思うので。同じ無表情でも物語るものが違うお芝居の表現もありますし。顔は美しいなと思いますね」と、しみじみ。

 そこで記者から、自身の顔でイケているという部分はないか?という質問も飛んだが、「とっても難しい質問ですね(苦笑)」としばし考えつつ、「あまり濃くないところですね。あまり印象に残らないほうが芝居しやすいと思うんです。そのぶん顔がシンプルなんで、ある一部分が際立ってくるんじゃないかなと思いますね。その都度、意識しているんです」と、笑いながら分析していた。

 本展のオフィシャルサポーターとしてルーヴル美術館にも行くためフランス・パリで楽しみはないかとの質問も。「街を歩いてみたいです。日本は現地の風土もありますけど入れ替わったりしていますけど、フランスだったりとか、古いものがそのまま残されていたり、歴史の重みとか昔の建築様式とかだけじゃなくて、雰囲気もしっかり残っていると思うので、散歩させて頂けたらなと思います」とのことだった。

 ちなみに、音声ガイドへの挑戦へは、会見で自身の声が「眠くなると言われておりまして」と苦笑いを浮かべていたが、自身の声のことについて「よくこもりがちと言われるんです。本当にそのとおりだと思いますね(苦笑)。なるべくハキハキと。声の表現方法もお芝居、お芝居ごとに替えているんですけど、普段の話からでも、なるべく聞き取りやすいものにと思っています」と、気合を入れる。

 声のエピソードを加えて尋ねると、「コンプレックスではないと思うんですけど、人と話しているときに『何?』と言われることはあります。『もう少し張って頂いて』『もう少し元気よく!』と、子役さんに演技指導されることがあるんです。たぶんそれでしょうね。音声ガイドの収録はこれからなので『何?』と言われないようにしっかり意識して」と、前を向く高橋。ではと、マイクの練習としてPRコメントをシャキシャキと言ってもらうというリクエストが飛んだが、あまりトーンが変わらず、噛んだことにも自分でツッコミを入れつつ、記者が点数を尋ねると「2点ですかね」と、苦笑いだった。

 ほかにも来週に迫ったバレンタインデーの質問も飛んだが「現場でこの前聞いたんですけど、男性から逆バレンタインというのを聞いて、じゃあホワイトデーどうなんだって話になって、あれ?ちょっと分からなくなってきた、どうなんだという話になったんです。バレンタインデーは頂ければいいですけど」と、最近の習慣に首をかしげつつ「バレンタインデーは頂ければいいですけど、逆バレンタインを狙われているのはちょっと困るなって。でも、一応チョコだけは用意しておこうかなって。周りの共演の方々やスタッフさんに」と、準備万端な様子を見せていた。

 『ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか』東京展は5月30日から9月3日まで国立新美術館にて、大阪展は9月22日から2019年1月14日まで大阪市立美術館にて開催!

高橋一生 最近のバレンタイン習慣に首を傾げつつも準備万端!自身の声には「子役さんに演技指導されることがある」と苦笑い7

高橋一生 最近のバレンタイン習慣に首を傾げつつも準備万端!自身の声には「子役さんに演技指導されることがある」と苦笑い8

高橋一生 最近のバレンタイン習慣に首を傾げつつも準備万端!自身の声には「子役さんに演技指導されることがある」と苦笑い5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする