文音 三浦貴大と結婚なら大物同士の親集まり「めっちゃ豪華」と想像!桜田通が驚いたこととは?

文音 三浦貴大と結婚なら大物同士の親集まり「めっちゃ豪華」と想像!桜田通が驚いたこととは?2

映画『ばぁちゃんロード』初日舞台あいさつが開催!

 女優・文音、草笛光子、俳優・三浦貴大、桜田通、鶴見辰吾が14日、東京・有楽町スバル座で映画『ばぁちゃんロード』(監督:篠原哲雄/配給:アークエンタテインメント)初日舞台あいさつを篠原監督とともに開いた。

 ばぁちゃんっ子の孫娘・夏海(文音)と足をけがして施設で暮らす祖母・キヨ(草笛)を描いた文音×草笛光子W主演作品。富山県を舞台に夏海が高校時代からの友だち・大知(三浦)と結婚することとなり「一緒にバージンロードを歩きたい」という願いが、施設に引きこもる祖母を動かし、リハビリを重ねて奮闘するハートウォーミングな仕上がりだ。

 文音は草笛の手をとりながら気遣いを見せながら登壇し、草笛からも「愛している“孫”ですから」と、ほのぼのした光景が見られるものに。

 文音は、本作の初日へ「きのうの夜からドキドキしていて、ちゃんと公開できて嬉しく思っています」と、万感な思いを。草笛とは旧知の仲だといい「プライベートと役が重なったところもありました。最後のウエディングのところは最後の日に撮ったんですけど、心にグッと来るものがありました」と、役としてだけではなく自身として心に迫るものがあったようだ。

 続けて草笛は、「このお話を頂いたときに、おばあちゃんが高速道路をバイクで走るのかなって思って。私そんなにお転婆に見えるのかなって(笑)」と、想像したことを明かして笑いを誘いつつ、普段は動く役が多いため、「動きたい人が動かないのって体がこってしまって揉んでもらいました」と、動かない演技に苦労したのだとか。それでも、「夏海のために歩けない足で歩いちゃった、人のために何かをするという尊いことだと思います。2人の交流、心を大事にしました」と、込めた思いを。

 夏海と結婚する役の三浦は、文音が本作で初めてウエディングドレスを着たということで、「初めてだったんですね。ラッキー」と笑いつつ、「すごい結婚するシーンは綺麗で写真を一緒に撮ってもらいました」と、現場でも距離が近かったよう。文音も三浦の演技へは「精神的にそばにいてくれたので、スクリーンの中に出ちゃったかなって。すごく素敵な役者さんだと思いました」と、信頼を寄せていたという。

 そんな2人の間で“結婚したらすごいのでは?”という話も出たとも。文音といえば、歌手・長渕剛、女優・志穂美悦子の娘として知られ三浦といえば、俳優・三浦友和と元歌手・山口百子さんの息子として知られているだけに、文音から「両家の顔合わせはめっちゃ豪華だよねって」と盛り上がったそうだが、三浦は「行きたくない!欠席するわ!!(笑)」と話して場内を沸かせていた。

 一方の桜田は、キヨを治療する医療療法士役を演じ、「富山県にずっと泊まって、携わったことのない役で、仕事をしている方とお話したり勉強しながらだったので大切な作品の1つになっています」と、貴重な経験になったという。しかし、「ストレッチをするシーンで、キヨさんを治そうと思ってキヨさんの体を動かしていたんですけど、草笛さんが体が柔軟で、柔らかすぎて肩に足を乗せていて『監督どうしましょう!?』って(苦笑)」と、驚いたことがあったのだとか。そんなリハーサル体験を経つつ「本番になると、草笛さんがいいところで足を止めてくださって。全然大丈夫なところで『痛い!』と言ってくださったので、キヨさんが草笛さんでよかったなって」と、その演技に見入っていたようだ。

 そして、文音から「この作品は愛にあふれている作品だと思います。愛は形がなくて見えづらいもので、感じるものだと思いますけど、不器用な愛や空回りする愛などいろんな愛があふれていると思います。自分の大切な人というのが誰なのかなというのを、この映画を観て、考えるようになったら嬉しいなって思います」と、呼びかけていた。

 映画『ばぁちゃんロード』は14日より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー!

文音 三浦貴大と結婚なら大物同士の親集まり「めっちゃ豪華」と想像!桜田通が驚いたこととは?1

文音 三浦貴大と結婚なら大物同士の親集まり「めっちゃ豪華」と想像!桜田通が驚いたこととは?3

映画『ばぁちゃんロード』4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする