AKB48 国際色豊かな『WRD48』を1日限定結成!NGT48柏木由紀入り口で止められる展開も

 アイドルグループ『AKB48』が16日、愛知・ナゴヤドームで53rdシングル『世界選抜総選挙』を前にコンサートを開き、30曲以上でファンを楽しませた。

 午前9時30分すぎから15曲披露したオープニングアクトからそのままコンサートへ。オープニングアクトではメンバーが『AKB48』グループの全楽曲1300曲以上から投票し、そのランキング上位を披露していくものとなったが、コンサートでは逆に1人しか投票のなかった楽曲も披露していくというもので、普段なかなかパフォーマンスを見ることのない曲が楽しめるものに。

 その1曲目は『SKE48』松井珠理奈『HKT48』宮脇咲良、『AKB48』横山由依、『NMB48』白間美瑠の4人で気球に乗って松井がリクエストした『記憶のジレンマ』を披露。ドームを生かした演出で観客の目線を釘付け!

 今回は世界選抜と銘打っているうだけあり、バンコクの姉妹グループ『BNK48』、台湾の『TPE48』も参加する華やかなものとなり、アンコール明けの『恋するフォーチュンクッキー』では、グループ全員で1日限定で選抜された『WRD48』を結成。センターはBNK48キャプテンのチャープランが務め、国際色豊かなものとなった。。

 また、選抜総選挙へ不参加を表明している『HKT48』指原莉乃、『NGT48』柏木由紀、『NMB48』山本彩らも『恋するフォーチュンクッキー』のパフォーマンスに参加していたが、MCで指原が柏木が顔パスができず、「ゆきりんがとめられちゃって」と、暴露し、柏木も「入り口でパス見せてくださいと言われて」と、苦笑いを浮かべる一幕もあった。

 ※レギュレーションにより写真を削除致しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする